ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

帰ってきたファン・グムボク 第27話

2020/1/9  15:16 | 投稿者: Author

前回の最後からのあの冒頭。リヒャンともみ合って、リヒャンのレコーダーが飛び、それを、四つ這いになって拾うミヨン。その先に誰が?で、前回は終わりましたけど、予想どおりその人はテジュンで・・・。で、ミヨンが私のですと、それを、受け取ります。そして、リヒャンがテジュンに「これ、なんだと思います?」と聞きます。

テジュンがレコーダーの内容を聞き「どういう事だ?ウンシルを殺しただと?」と、言います。え?ここでもう?妄想なんじゃないの?と思ったけど、やっぱりミヨンの妄想で、そもそもレコーダーは、リヒャンの手にありました。

家で、ミヨンはリヒャンと取引しないように言いますが、むしろ、テジュン、ワン女史に「友達なのに?」と、不審がられます。

そこに、テジュンには、リヒャンから電話が有り「工場の開業式に来てください」と、言う内容でした。ミヨンは「私が行きます」と、言いますが、テジュンに「いや、私が行く。行けなければムンヒョクに行ってもらう」と、言われます。

マルジャも一緒に、グムボクとお掃除の仕事をしています。そこへ、グムボクには、借金取りのキム・テスが捕まったと連絡が入り、急ぎイヌのいる検察へ。しかし、キム・テスは「日本には行っていない」と、言います。慌ててマルジャがやってきて「リヒャンは、工場の開業式みたいよ」と、3人は、そこへ。

イェリョンは、ムンヒョクから「今夜空けて」と、誘われます。そして、車の中で、イェリョンはどこへ行くのかと、ムンヒョクから招待状を見せられます。案の定、リヒャンの工場の開業式でした。

開業式中のリヒャンは、グムボク達の姿に気付いた?


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ