ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

星になって輝く 第34話

2020/1/17  20:32 | 投稿者: Author

ミスンが亡くなった娘のために作ったワンピを、ボンヒが勝手に貸し出してしまったため、ミスンは大激怒。その様子を見ているモランは、ほくそ笑みます。ボンヒは「面接に行く予定だけど、服が汚れてしまい貸して欲しいと言われたんです」と、事情を説明します。

スギョンがボンヒに「返しに来なかったら、辞めて責任を取るのね」と、言います。納得するボンヒ。それを見ていたモランは「スギョン役に立つわね」って、何様?

借りた女性は、それを返しに来たんだけど、それを受け取るのがモランなのよね・・・。当然、モランはそれを、家のくずかごに捨てます。ただ、前にエスクが捨てたコートをチュンジャが拾っていたけど、今回もです。これで、モランの悪事がばれるといいけど・・・。

モランから「ボンヒにも星のほくろが有った」と、言われたエスクは、ドンピルの腰にある星のほくろを、確認します。

エスクは、ジョンレのお店に行き「ボンヒは、あなたの子じゃないんでしょう?」と、言います。「何を、馬鹿なことを」と、烈火のごとく怒るジョンレを見て、ボンヒはドンピルとミスンの子だと、エスクは確信します

結局、服は返されなかったため、ボンヒは辞める事にしますが、その前に「あの服を作りたいんです。私にもいない人を思って、服を作る気持ちはわかります」と、ミスンに言います。それを、許すミスン。

ボンヒは、服を作りますが、モランに型紙を破られます。ただ、今回は、これをミスンが見ていたんですね〜。

ミスンに怒られたモランは家で「何様のつもり?」と、カバンを叩きつけて怒ります。ってか、本当、モラン、何様なのよ。自分から入りたくて、ミスンの門を叩いたのよね?それなのに、何これ。それを見ていたエスクは、モランに「ドンピルの子はあなただけなの」と、意味深な事を言います。

モランは、星のほくろもそうだけど、子供ころ「似てる」と、言われた事を思い出し、まさか?と、思います。

服を作っていたボンヒは、帰りが遅くなってしまいます。待っていたジョンヒョンは寝てしまっていました。しかし、ボンヒが独り言を言っていて、ジョンヒョンは目を覚ましたんでしょうね。そして、ジョンヒョンがボンヒにキスをします。これを、ソングクが見ていました。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ