ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

帰ってきたファン・グムボク 第33話

2020/1/22  12:10 | 投稿者: Author

グムボクは、イェリョンが、ウンシルを探すビラを燃やす姿を見て、驚愕します。

イェリョンは、グムボクを追いますが警備員に止められます。グムボクが、ウンシルを探そうという気持ちは、イェリョンの態度に腹がたつのは、わかるんだけど、こう何度も、イェリョンがいる会社に押しかけるのはどうかと思うわ・・・。

イェリョンは、ミヨンから自宅へ招待されます。ワン女史に、何で招待されたのかを聞かれて「リゾートでの件のお礼です」と、答えるミヨン。ワン女史も窮地のムンヒョクを救ってくれた事を、イェリョンに感謝します。

イェリョンに家族の事を聞くワン女史。イェリョンは「父は幼い時に亡くし、母が小さい会社を経営しています」と、答えます。ワン女史は、イェリョンをまぁまぁ気に入りますが、家庭環境がひっかかります。正直、今の、この状況、ワン女史にも原因が有るので、ワン女史は要注意人物です。

ミヨンは、イェリョンに「清掃員を解雇して」と、言います。イェリョンは困惑し、ワン女史も「リゾートの事、ペクさんに権限無いでしょう」と、言います。ミヨンは「あとは、こっちで処理するから」と、イェリョンに言います。

そこへ、ムンヒョクが帰ってきます。ムンヒョクは、イェリョンを部屋に呼び「あなたは頭がいいから母が、何で呼ぶかわかるでしょう?僕とペクさんとは何でも無い。僕が好きなのは今も昔もグムボクだ」と、はっきりと言います。

家で、自分とイェリョンの関係がミヨンに知られるのではと、気をもむリヒャン。イェリョンは「あの女から、すべて奪ってやる」と、言います。それは、グムボクからと言うことですよね?

屋台で飲むイェリョンとムンヒョクですが、ムンヒョクがどこかへ行ってしまいます。そこは、グムボクの家。ムンヒョクは、グムボクに告白をし、キスをしてしまいます。それを見ているイェリョン。さらに、それを、イヌが見ていました。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ