ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

帰ってきたファン・グムボク 第35話

2020/1/24  6:16 | 投稿者: Author

ファン・グムボク(少女時代)役:パク・ソヨン 『Queen for Seven Days七日の王妃』『凍える華』『輝くロマンス』

山田のお母さんを探すグムボクは、ウンシルを失った時と重なります。そんなグムボクを引く止めるイェリョンは、ウンシル失踪を疑われているので「いくら教養が無いからって、疑うのはよく無い」と、言います。それ、教養無い事と関係ある?しかも、グムボクが大学へ行けなくなったの、あんたたち母娘のせいだよね?

「どうして、疑われるか、自分が一番わかっているんじゃ無いの?」と、言うグムボク。これは、チラシをイェリョンが燃やした事を指しているでしょうね。

ウンシルがいなくなった時の様に、山田のお母さんを探し回るグムボク。それを、止め様とするムンヒョク。グムボクは、ウンシルが失踪してる事を話します。グムボクが抱えている事情を知ったムンヒョクは、グムボクを抱きしめます。

もちろん、この様子を、イェリョンが見ていて悔しそう。イェリョンは、ムンヒョクが好きだというよりは、乗っ取りを狙っているので、そのために、ムンヒョクが必要って事なんでしょうね。

山田のお母さんが、息子のために、海苔巻きを作っているところを、見つけ出すグムボク。これも、ウンシルと重なり、グムボクは一緒に作ります。出来上がり、グムボクはそれを届けるため、山田のお母さんに「ここから、動かないでくださいね」って。

だから、認知症の人にそれ、通用しないじゃん。それに、見つけたなら、さっさと報告すべきじゃない?見てて、イライラしたわ。で、それをグムボクが届けに行くんだけど、途中、山田のお母さんが入れた手紙を読むと、お母さんは自分の病気を知っていて、死のうとしていました。

肝心の海苔巻きを落として、山田のお母さんに元へ急ぐグムボク。山田のお母さんとグムボクは抱き合って泣きます。その様子を見ているムンヒョク。

山田は、グムボクを伴ってTSグループへ。驚く、イェリョン。ちょうど来ていたリヒャンは隠れます。山田は、グムボクが日本でのサービスを知っていて、テジュン達に、独占契約をしたいと言ってきます。

ミヨンは、グムボクの家へ行き、マルジャに「グムボクの母親?」と、聞きます、戸惑いながらも「そうよ」と、答えるマルジャ。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ