ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

たった一人の私の味方 第20話

2020/2/14  12:01 | 投稿者: Author

ドラン送り迎え作戦の、口裏合わせができていなかったと話すカン・スイルと、ワン・デリュク。

グムビョンは、ドランに「前世では、妹か、孫だったのかも?」と、ペアのネックレスをあげます。

出てきたドランにカン・スイルは「落し物の携帯を届けます」と、言います。「また芝居ですか?」と、ドラン。車を運転中も「ガス欠だ」と、ワン・デリュクが言うと、ドランは、また、わざとだと思います。はい、わざとなのですが、ワン・デリュクは「ドランさんを好きになって、代償として、いろんなものを諦めた」と、言います。

身分違いの恋だと心配するドランの気持ちを払拭し、ワン・デリュクはキスをします。まぁ、苦労はこれからだと思いますけどね。

ホンジュが好きな男とはどんな男なのか?財産目当てなんじゃないか?と、尾行したホンシルは、それが、カン・スイルで仰天。もしかして、ホンシルは、カン・スイルが事件の犯人だと気付いたのかと思ったけど、ウニョンの家の運転手だってことに、驚いたのね。

ホンシルは「あの人は、ウニョンの家の運転手なのよ。一体何を考えてるの」と、ホンジュに言います。ホンジュは、ウニョンの家の前でこっそり見て、カン・スイルが本当に運転手だったと、それなりにショックを受けます。しかし、いい人、カン・スイルを知っているホンジュは、パン作りに必要な道具を、一緒に買います。

そんなホンジュを責め立てるホンシルに、ホンジュは「犯罪者、殺人者じゃなければ良い」と、言います。いや、犯罪者なので・・・。この先、どうなるでしょう?

また、グムビョンに呼ばれたドランは、家族と食事。この時、ウニョンは、グムビョンとドランが「お揃いのネックレスだわ」と、言います。面白くないチャン・ダヤ。グムビョンが、チャン・ダヤに少し、気遣いが有ると、良いのかも?それと、チャン・ダヤは、ドランとワン・デリュクの視線に気づきます。

ウニョンも、わざわざワン・デリュクが「カン運転手が待っているよ」と、ドランをなんで呼びに来るのかと思います。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ