ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

人形の家〜偽りの絆〜 第31話

2020/2/18  18:49 | 投稿者: いい加減人

ヨンスクは、ピルモクからセヨンが働く会社で働くと聞かされて「そんな事をしないで」と、止めます。ヨンスクから、すると、話がだんだんこじれてってますよね?

それと、例のセヨンを作ったイヤリングを、ピルモクがヨンスクにあげて、ヨンスクがそれをつけて、まさか、仕事に行くのかと、思ったけど、ただ、つけてみただけだわ。だけど、いつか、これがきっかけで、ヨンスクとセヨンが母娘だと、いつかは、ギョンへにバレると思うのよね。

セヨンと出勤をするギョンへは「味方がいると言うのは、こんな気持ちなのね」と、言います。

セヨンの方は、デザイン研修生として、出勤。また、キャリアが無い事で、同期生から“情実合格”と、中傷されます。箱があり、誰も、怖がって手を入れないのですが、セヨンが思い切って手を入れてみると、布でした。布が一枚しか無いので、取り合いになり、破れます。

パク室長が入ってきて、それを咎め「誰なの?名乗り出ないと、全員解雇よ」と、言います。セヨンは事の成り行きを話します。パク室長は「自分は悪く無いとでも言いたいの?」と、言います。セヨンは「いいえ。ここにいる人たちは、達人ばかりなので、これで服を作らせてもらえませんか?」と、言います。

実は、これ自体がテストだったわけですね。パク室長はウン会長に「また、セヨンが最高得点です。リーダーシップに必要な三要素を持っています」と、知らせます。

パク室長から、セヨン達は、その、破れた生地で服を3アイテム作り、用紙にはやってもらいたい事を記入するように言います。セヨンのやりたい事が、新デザインの公募をしてもらいたいと言う内容だったので、ミョンファンは「ギョンへに言われたな」と、セヨンに聞きます。

セヨンが認めないで、セヨンが作った服を破るミョンファン。入ってきたジェジュンが止めます。すると、ミョンファンはジェジュンに「生意気なんだよ。一生、ギョンへの陰でいろ」と、言います。入ってきたウン会長は、ジェジュンを杖で叩きり「従属関係を守れ」と、言います。止めるセヨン。ジェジュンはウン会長に言われた通り、ミョンファンに謝ります。

ウン会長は、この場では、こういう行動を取りましたが、ミョンファンが、ジェジュンに浴びせていた言葉が、気になっているようでした。気にしてくださいよ。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ