ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

黄金のポケット 第110話

2020/2/18  21:36 | 投稿者: いい加減人

ソクフンは、ジュンサンに「俺が、ジュンサンで、あのジュンサンは、カン・シヌゥだと、言う。ソルファ守りながら、自分を取りもどす」と、プレッシャーをかけて、宣言をします。「家族になるために、努力をした」と、言うジュンサンに「嘘で得たものだ」と、一蹴するソクフン。

グィジョンは会社まできて、仕入れた情報をミニに話します。ナンソルが、どこかに寄付した事も、グィジョンは、話します。

ソクフンは敷地の問題で、崖っぷちでしたが、理事会前に、多額の寄付が入ります。ソクフンはわかっていませんが、ナンソルですね。

これで、ソクフンは自分が思い描く診察システムを、理事会で話し、投票の末、見事、理事長に就任します。

理事長になれなかったジュンサンに、ミニは「株、集めて」と、言います。

ジュンサンはナンソルに「何もしないでと、言ったでしょう」と、言います。ナンソルは「娘のためにやってもいいじゃない」と、言います。そして、とうとうジュンサンはナンソルに「ソクフンが、ジュンサンなんだ」と、言います。

力が抜けるナンソルは「匂い袋を見たことがあると言っていたわ。なんで、言ってくれなったの?信用してないのね。なんとしても、娘と別れさせた。家にも来させなかった」と、言います。

ナンソル回想・・・。ソクフンの母、ジンジュを訪ねた時「ジュンサンのお父さんと暮らせるの」と、言われ「あなたが勤める経営者の息子と?」と、ナンソル。ナンソルの顔は羨ましそうな顔・・・。

現在のナンソルは「意図したことでは、無かったけど」と、泣崩れます。当時ナンソルとしては、本物のジュンサンが行方不明になったから、ジェリムの家とつながりを持ちたくて、偽物を作り上げたのでしょうか?

ジュンサンがジェリムの家を訪ねます。落ち着かないナンソル。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ