ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

人形の家〜偽りの絆〜 第36話

2020/2/26  20:33 | 投稿者: Author

ヒョジョンに「今日、誰を見たと思う?」とか、言われても、上の空のミョンファン。ミョンファンはおそらく最近、優しいウン会長が一体何を考えているのか、それが気になってるんでしょうね。

書斎で、ウン会長はギョンへに「ミョンファン君に優しくしなさい。ミョンファン君はギョンへの弾除けをやってくれる。私がやっていることは、すべてギョンへのためだ」と言います。これを、ドアの外で、ミョンファンは聞いていたんだよね。ミョンファンとしては、全部、自分の物にできると、思ったのかしらね?

会社で、エリは、ジェジュンの事を「セクシーよネェ〜」何て、言っていて、セヨンは頷きながら聞いています。次にサラが「え?でも、イ室長がチーム長を見る視線は危険だわ」と、言います。これに、セヨンは怒ってもみ合いに・・・。ちょうど、そこに、ジェジュンが来ます。

ジェジュンの執務室にいるセヨンの髪はボサボサ。セヨンに水を出すジェジュンは「揉め事は、会社では良く無いです。何が有ったんですか?」と、言います。セヨンは、言いにくそうに「イ室長を危険だと言うから」と、言います。セヨンは恥ずかしいのか、急いで出て行きます。

トイレで、サラがエリに「打ち上げで、セヨンに情実合格だと認めさせるわ」等と言っているのをちょうど聞いていたギョンへ。

飲み会では、エリ達に飲まされるセヨン。セヨンの状況を察したギョンへがやってきて「実力が有るの」と、エリ達に言って、酔っているセヨンを連れ出します。セヨンを送るジェジュン。その車の中で、セヨンは自分が好きなものを、ジェジュンに話します。そしてセヨンは「イ室長も好き。笑顔も、かっこいいところも」と、言います。

翌朝、目覚めたセヨンは、昨夜の自分の告白を思い出します。だいぶ酔ってたのに、セヨンは覚えているのね・・・。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ