ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

人形の家〜偽りの絆〜 第37話

2020/2/27  21:00 | 投稿者: Author

セヨンに「これでは、ダメだ」と、デザインに注文をつけるウン会長。怯まないセヨン。ウン会長は、感心します。実は、これ、セヨンを試したんですね。これからも、こんな試練があるけれど、セヨンが耐えられるかどうかを、やってみた訳なんですね。

セヨンは、以前、ウン会長が自分と同じようにトッポギが好きな事を思い出し、ギョンへに作る事を提案します。二人で、トッポギを作ります。その様子を笑顔で見ているヨンスク。

出来上がったトッポギを、ギョンへが、ウン会長へと取り分けようとします。すると、ウン会長は「これは、大皿で、皆で食べるのが、良い」と、言います。そして、トッポギを食べたウン会長は「おいしい」と、満足げ。

セヨンは、そのトッポギを、ジェジュンに届けます。この時、セヨンは「私、昨日、酔って、何か言いませんでしたか?」と、恐る恐る聞きます。「いいえ」と、答えるジェジュン。ドアを閉めた後、セヨンは「あれは、夢だったんだわぁ〜」と、胸をなでおろします。ジェジュンの方は笑顔。

ジェジュンは探偵から、生き別れの妹について「養父母は、妹さんを置いてニュージーランドへ行ったようだ」と、教えられます。ジェジュンはまだ「13歳の子を置き去りに?」と、ショックを受けます。さらに、探偵は「生存の可能性は、低い。探すのをやめるか、死亡記録を探すかです」と、言います。それでも「探す」と、言うジェジュン。

その後、自分の部屋をセヨンが訪ねると、ジェジュンはセヨンから以前にもらったハーブ(枯れてしまっています)を、返し「もう、贈り物をしないでください」と、言います。セヨンは「これは、私の告白に対しての、断りなんですね」と、言います。「そうです」と、答えるジェジュン。

ジェジュンとしては、妹の身に起きた事が受け入れられず、気持ちに余裕がなくて、セヨンに対して、あんな態度をとってしまったんでしょうね。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ