ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

星になって輝く 第45話

2020/4/10  19:55 | 投稿者: Author

ジョンレとエスクの口論、肝心なことは、ボンヒには聞かれていなかった様ですね。

GBブティックでその話を、モランにするエスク。ドアの外には。ミスンが・・・。「私が娘の振りをしているのがバレないかしら?」と、話すモラン。はい、ようやくミスンは、モランは偽物と知る時が来ました。すっきりしたわぁ〜。

こうなるとミスンは、ボンヒが私の娘?と、なり、ギョンジャに聞きます。ギョンジャは「もう、わかっているんでしょう?私からは、言えない」と、答えます。

ジョンレに聞くミスン。ジョンレはジョンレで、申し訳なさそうに「今まで言えなくて、ゴメンなさい。ボンヒに言わないと」と、言います。ミスンは「ボンヒには言わないで」と、懇願します。

ボンヒの腰にある星のほくろを、確認するミスン。

もう、ジョンレは真実を告げるべきと思っているので、ボンヒに「あなたの本当のお母さんは、別にいるの」と、言います。そして、ジョンレがミスンの名前を言おうとうした時、ミスンが現れ、ジョンレを連れ出し「事情は後で説明をするけど、今は、言わないで」と、言います。

生地の開発が成功し、ソングクからお金を借りたジョンヒョンは、モランに婚約破棄を言い渡します。「会長が黙っていないわよ」と、言うモランですが、ユン会長は「婚約破棄して良い」と、言います。これも、すべて、ボンヒのせいと思うモラン。

モランはソングクに「ジョンヒョンさんにお金を貸さないで」と、言います。ソングクから呆れたように「ジョンヒョンがなんで、お前に嫌気がさしたかわかるよ」と、言われるモラン。「ボンヒと付き合っているんだ」と、言うソングクに「それが本当ならいいけど」と、モラン。

ミスンは、娘を装ったモラン一家への復讐を誓います。まずは、モランの家へ行き、家族の朝食時に「実母なんだから」と、一緒に食事を取り、ドンピル、モランと車に乗り出勤。おいてけぼりのエスク。

怒りが頂点に達したエスクは、ミスンを尾行。ミスンは、ジョンレに、モラン一家に実の娘だと騙された事情を話し、協力を求めます。二人がカフェを出て、ミスンが立ち去ると、ジョンレの前に現れたエスクは「ボンヒの事を言ったの?」と、聞きます。ジョンレは「言おうと思ったけど、やめた」と、言います。

歩きながら、ジョンレは腹の中で、娘を装った代償を払いなさいと、思います。

ソングクが、ボンヒにキスするのを目撃するジョンヒョン。それをにやけながら見ているモラン。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ