ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

帰ってきたファン・グムボク 第105話

2020/5/29  19:54 | 投稿者: Author

ムンヒョクが奪ってきたリヒャンのスマホの映像を、見るグムボク達。ところが、肝心な部分は無くて、チャ会長が一体誰を殺したのかは分かりません。すでに、リヒャンは手を打っていたようですね。

リヒャンは、イェリョンに「何?ウンシルに私の、携帯を盗むように言われたの?」と、聞きます。イェリョンは「違う。ムンヒョクさんよ。改ざんした帳簿が有るんでしょう?」と、言います。リヒャンは「そんなの無いわよ。これよ」と、USBを見せます。映像を見たイェリョンも、チャ会長がマンチョルを死に追いやった事を知ります。

チャ会長の陰謀で、テジュンが検察に連行されたため、会長職を臨時に代行する代表を選ばなくては、なりません。経験等から言って、ウンシルは、ムンヒョクを推しますが、ムンヒョクは「自分には資格がない」と、言います。

ミヨンとイェリョンが、テジュンの家にやってきたので、ウンシルとグムボクは、何しに来たのだと言う感じ。実はワン女史が呼んだのでした。ワン女史は、ミヨン達に、代表代行はグムボクだと言うためでした。ワン女史は「肩書き等で無く、グムボクはこれまで、会社に貢献をしてきた」と、言います。

そういう言う意味では、イェリョンは会社に損害しか与えていませんよね。納得いかないミヨンにワン女史は「ここまではしたくなかったけど、あなたがテジュンを陥れたからよ」と、言います。全くその通りなのですが、相手は、不法でも、善人側を踏み潰そうとする人達なので、話しても意味は有りません。

ミヨンは、自分がムンヒョクを傷つけているのに、何でも人のせいですからね。

会議で、ムンヒョクが臨時代表になりますが、ギョンスが筆頭株主として、入ってきます。ギョンスは、すでにミヨンはテジュンと離婚調停中である事、テジュンとミヨンがウンシルに株を譲渡している事、テジュン逮捕が嘘の証言によるものである事を話し、ウンシルを臨時代表にすると言います。これに、皆が賛成します。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ