ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

人形の家〜偽りの絆〜 第96話

2020/6/1  21:29 | 投稿者: Author

カン・ジェウク役:パク・ヨン 『ヘチ 王座への道』『不滅の恋人』『棘トゲと蜜』『黄金の私の人生My Golden Life』

階段から落ちたスランの容体について、医師から「頭を打っていて、元からの病気もあり、回復が難しい」と、説明されるセヨン。ジェジュンが、セヨンの腕を掴みますが、「ギョンへを許さない」と、セヨンはその腕を振りほどきます。

「私じゃない」と、ヨンスクに言うギョンへは、防犯カメラの映像を渡します、ギョンへは「セヨンのお母さんは、相続放棄の書類を受け取ったら帰すつもりだったの」と、言います。何も言わないヨンスクにギョンへが「何で、責めないの?」と、聞きます。ヨンスクは「自分の娘だから信じてる」と、言います。

ってか、どっちにしても、ギョンへが言っている事は言い訳がましいわ。人に言われてやった事だとしても、子供じゃ無いんだから、責任有るよね?何でも人のせいにするけど、そもそも、ひき逃げの隠蔽してなかったら、あそこまで、ミョンファン、ヒョジョン連合も図に乗らなかったと思うのよね。被害者ぶるのはやめてほしい。根本を解決しないと。

ジェジュンは、セヨンに「それでは、被害者に株を渡す話を進めましょう」と、言います。セヨンは、それが無い事に気付き、ヨンスクからもらったUSBメモリーの防犯カメラの映像をジェジュンと共に見ます。確かに、スランの怪我にギョンへは直接は関わってはいませんでしたが、どさくさに紛れて、セヨンの相続放棄の書類が入るバッグを持ち去っていました。

セヨンが屋敷にやってくると、ギョンへは本音とは裏腹に「あんたの母親なんか、死ねば良い」と、言います。セヨンが手を上げようとすると、ヨンスクがその手を止めます。

ピルモクは、ヨンスクと離婚する事にした様ですけど?


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ