ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

人形の家〜偽りの絆〜 第117話

2020/7/1  14:11 | 投稿者: Author

屋敷の前に来たジェユンは、嫌な過去を思い出しますが、やはり、まだ、断片的な様ですね。過去を思い出したジェユンは、持ってきた花束を落とし、呆然とします。そこへ、ちょうどギョンへがやってきて、声をかけますがジェユンは「帰ります」と、言います。

屋敷の中に入り、その事をヨンスクに話すギョンへ。ヨンスクは「あなたを許すために、やってきたのよ」と、言います。ただ、二人とも、せっかく来たジェユンが、屋敷に入る事無く、帰った理由がわかりません。

ネットで調べたジェユンは、記憶の中の人が、ウン会長だとわかります。そして、ジェユンはウン会長の孫であるセヨンに「会長はどんな人でした?」と、聞きます。「あなたも知っている様に、一緒にいる期間は短かったけど、心の広い人よ」と、答えるセヨン。ジェユンは「今日、屋敷に行ったんですけど、初めてじゃない気がしたんです」と、言います。

多分、セヨンは、この言葉の意味を察したでしょうね。

ヤミ金に監禁されているミョンファンと、ヒョジョン。ヒョジョンはミョンファンに「休戦にしましょう。争いはここを出てからでいい。先に私の縄を解いて。そのあと私があなたのを解いてあげる」と、言います。王道コースで、縄を解いてもらったヒョジョンは、ミョンファンの縄を解く事無く、逃走。そして、ヒョジョンは警察へ。

ヒョジョンが警察へ自首するところを、ジェジュンの配下が報告。ジェジュンは「音声を渡せ」と、指示を出します。ヒョジョンは、医療違反で、すぐに出るつもりでしたが、殺人教唆の音声を、刑事から聞かされます。ヒョジョンは、ジェジュンから「逃げるな」と、GPS、盗聴器付きの腕輪をはめさせられた事を思い出します。

ミョンファンも自力で脱出。これも、ジェジュンに報告が行きます。ジェジュンは、ヨンスクに「ヤミ金から借りたお金です。相手は、簡単な連中じゃないですよ」と、アタッシュケースを渡します。ヨンスクは「ミョンファンは、会長を解任させただけじゃ安心できない」と、言います。

そして、ヨンスクは、ヤミ金にお金を渡し(返し?)、さらに、お金を渡します。ヨンスクはヤミ金に「ミョンファンが追われているかのように思わせて。屋敷に来させるの」と、言います。あら、ヨンスクまで、この計画に参加?ミョンファンを屋敷に来させて、どうするのかな?

ニュージーランド(だったよね?)に、いる母から、電話がかかった来てたミョンファン。家族は、その家をひき払わなければならないようですね。これは、ヨンスクの作戦ですよね?


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ