ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

帝王の娘 スベクヒャン 守百香 第8話

2020/7/3  12:38 | 投稿者: Author

なるほど。武寧(ムリョン)王は、最初の夫人とは死別。即位後のソネ王妃も病死。そして、ヘ・ネスクの娘ウネが今現在、王后なんですね。そのことをきっちり、ヨン・ブルテは、ヘ・ネスクにツッコんでいました

山で、お花を摘むソルランとソルヒ。崖に咲いているお花を見つけて、ソルヒは摘もうとしますが、案の定、落ちます。ってか、どう考えても、あんな危ないところにあるお花を摘む?で、あれ?ソルヒがいないわと、探したソルランが、崖から落ちそうになっているソルヒを見つけて、助けるんだけど・・・。

ソルランからすれば、ソルヒの命の方が大事だから、ソルヒが持っているお花を「放して」と、言いますが、ソルヒは話しません。しかし、ソルランは、それを、ソルヒから抜き取って、ソルヒを助けます。ソルランもソルヒを助けるのに必死で、自分の体に木が刺さっているのも気づかずに、ソルヒを救出したのです。

ソルヒは、助けてもらった分際で「あの花は珍しかったのに」と、ソルランに文句を言います。ってか、死にそうだったのに、お花を、捨てないし、文句言うしで、ソルヒの執着心、半端ないな。道に迷った二人は、夜、暗い中、ならず者に襲われます。

逃げる途中、ソルランはこけてしまい、ソルヒだけ逃げます。ソルヒを追おうとするならず者の足をつかまえて、行かせまいとするソルラン。二人を探すチェファ達の元に、ソルヒが姿を現します。チェファに「ソルランは?」と、聞かれて「はぐれた」と、答えるソルヒ。クチョンは、自分の娘のソルヒが、嘘つき女である事を見抜きます。

この側面だけ見ると、ソルヒ何、嘘をついているんだかって感じなんですけど、ソルヒなりに、チェファがソルランに対する愛情が自分とは何か違う事を感じ取っているようで、寂しいんでしょうね。

ならず者、実は、例の盗賊のトルデとマングなんですね。ソルランが「父さんは、口がきけない分、力持ちなんだから」と、言うと、二人はそれがクチョンとわかり、ソルランに「どうぞ、お気をつけておかえりください」と、解放します

武寧(ムリョン)王が、伽耶(カヤ)へ、訪問する事になり、同行する事にしたチンムは、武寧(ムリョン)王を、殺す機会をうかがいます。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ