ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

星になって輝く 第56話

2020/7/3  19:53 | 投稿者: Author

医師役:イ・チャン 『今日、妻やめます〜偽りの家族〜』『医心伝心〜脈あり!恋あり?〜』『黄金のポケット』
所長役:イ・ヒョン 『棘トゲと蜜』『黄金のポケット』『レディの品格』
担当者役:ハン・チャンヒョン 『医心伝心〜脈あり!恋あり?〜』『イニョン王妃の男』『負けたくない!』『ボスを守れ』
手先役:ヤン・ジェウォン 『人形の家〜偽りの絆〜』『あの空に太陽が』『客主』『王の顔』『天命』『星も月もあなたへ』

モランはボンヒに「あんたは、実父を人殺しとして、捕まえてもらう事になるのよ」と、最もらしく言いますが、逆にボンヒから「それを知ってて、あなたは私にあんな仕打ちをしたのね」と、言われます。

チャンソクをお見舞いしたマンボクは、手紙をそっと枕の下に入れます。

ミスンはボンヒに「GBブティックを譲るわ」と、言います。ボンヒは「上流社会しか着られない服には、興味がない」と、言います。しかし、ミスンは「あなたのやり方でいいのよ」と、言います。

既製品を作るには、デザイナーが必要なジョンヒョン。ユン会長からジョンヒョンに「ボンヒはどうだ?」と、言います。

副大臣から二週間で50着のコートを頼まれたボンヒは、それをジョンヒョンに「ミョンソン紡織と一緒にやりたいの」と、持ちかけます。ちょうど、悩んでいたジョンヒョンですから、どうなるでしょうか?

ソングクはテバン建設を立ち上げます。テバン染色から名前を取ったと、ソングクは独り言を言っていたけど、ボンヒとやっていたあの染色工場の名前がテバンだったと言う事かな?

チャンソクをお見舞いしたボンソンは、手紙に気づきます。そこには、真犯人は、エスクだと書かれていました。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ