ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

帝王の娘 スベクヒャン 守百香 第11話

2020/7/8  19:22 | 投稿者: Author

クチョンは、ソルヒを守ろうと、ぎゅっと抱きしめ、自分を盾にして、刺客に何度も切られます。

逃げたソルランは、ヨングが「犬黄楊の葉は、火をつけると音が鳴る」と、言っていた事を思い出し、その葉に火をつけます。ソルランの家にいた刺客は、ソルランの思惑通り、音に引きつける事ができました。

その間に、ソルランは、力つきているクチョンに「父さん、ごめんなさい」と、無理やり組んでいる手を離して、ソルヒを助け、斬られて目が見えなくなっているチェファと共に、逃げます。

朝方まで、チェファが来るのを待っていた武寧(ムリョン)王。ミョンノンは、武寧(ムリョン)王に、チェファと言う、思い人がいる事を知り、迎えに行く事にします。

チンムは、チェファの生け捕りに失敗したと刺客から聞かされます。ヨン・ブルテは、刺客に「村を焼き放て。盗賊の仕業に見せろ」と、指示を出します。焼かれるソルランの自宅。自宅の前で斬られたままの姿のクチョン、指が動いてました。あんだけ、斬られたのに、不死身なんですね

ソルランは、チェファとソルヒに「誰も知らない洞窟が有るの」と、二人を連れて行きます。その途中、探しにやってきたチンム達から逃れる時、チェファは例のかんざしを落としています。これ、後から、どうなるでしょうか?

チェファが出血をしているため、医者を呼びに行く事にしたソルラン。ソルヒがかんざしをなくしていたため、ソルランは自分のかんざしを渡し「何かあったら、一思いにこれで、刺すのよ」と、教えて、出かけます。しかし、ソルヒは、コウモリに襲われると、怖くて「お姉ちゃん」と、洞窟から、出てソルランを追います。

その後、ソリランは、ミョンノン、ソルヒは、チンムに、でくわしますが、難を逃れます。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ