ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

帝王の娘 スベクヒャン 守百香 第53話

2020/9/15  18:00 | 投稿者: Author

臣下役:ソ・ジヌク 『三つ色のファンタジー 恋する指輪』『W ー君と僕の世界ー』『女の秘密』『あなたは贈りもの』
医官役:コン・ジェウォン 『たった一人の私の味方』『人形の家〜偽りの絆〜』『今日、妻やめます〜偽りの家族〜』

キムンに行ったソルランは、女官になりすまして王宮に入り「カヒ」と言う名前で、寝殿に潜入する事に、成功します。

ナウンがチクチク、偽スベクヒャンにやってくれるのを、しばらく楽しめるかと思ったんですがねぇ〜。偽スベクヒャンは、恐怖からか、我慢できなかったようです。ナウンが肖像画を見て、偽スベクヒャンに「これを、眺めていたのは、本物になりたいと言う願望でしょう?」等と、言います。

武寧(ムリョン)王から、もらい、大事にしていた玉で、偽スベクヒャンは、ナウンを撲殺します。最後にナウンは「私が死んだから、調査されると言ったでしょう」と、言って亡くなります。っていうより、偽スベクヒャンは、ただでさえ、警戒されている存在なんだから、大人しくしているのが筋でしょう?

偽スベクヒャンが呆然としていると、ちょうどチンムが入ってきます。状況を察したチンムは、偽スベクヒャンについた血を拭き取ります。そして、偽スベクヒャンに「この女官は、王妃様からだったので、王妃様に、女官がいなくなったと話した方が良い。そして、女官を買収するから、この女官が王室の金を横領した事に、すれば良い」と、話します。

お金を用意して、ナウンを待つヘ・ネスクですが、ナウンが現れず、異変を感じ取ります。

そのうち、王女様付きの女官が失踪したと、噂になります。へ・ネスクがウネ王后の元へ行った時、偽スベクヒャンもいて、ちょうど監察の女官が、ナウン失踪について、調査結果を報告しているところでした。ヘ・ネスクは、すかさず観察の女官に「その女官を最後に見た者はいるのか?それが誰なのか、調べろ」と、言います。

チンムは、ヨン・プルテに「私を王にしたいなら、協力しろ」と、言います。ヨン・ブルテは、ヘ・ネスクに「王妃様から紹介の、王女様の女官が失踪したようですな」と、牽制をします。さすがに、ヘ・ネスクは危ないと思ったのようで、トリム、テウンに「この件から、一旦手を引け」と、言います。

テウンは、例の以前、ナウン達がおとりにされた件で、ヘ・ネスクには、大事な弟子達を、見殺しにされ、禍根を残していたようなんですね。テウンとしても、ナウンのために諦める訳にはいきません。今まで、一枚岩だったピムン。どうなるでしょうか?


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ