ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

王になった男 第9話

2020/10/23  10:35 | 投稿者: Author

ハソンにチュ・ホゴルは、横領の証明をしただけでなく、自分の命を狙われ、その犯人が、シン・イギョムだと言う事も告白します。

ハソンは、イ・ギュに、シン・イギョムにはどんな罰を与えられるか?を聞きます。イ・ギュは「一般的には死罪ですが、功臣の息子なので、そこまでは。恥をかかせると言うやり方が有ります」と、言います。それは、鞭打ちの刑。

ハソンの前に引きづり出されたシン・イギョム。イ・ギュは「親が子を教育する機会を与える」と、鞭打ち100回を、シン・チス自身にやらせたのでした。それにしても、大人が、ふくらはぎに、鞭打ちされるのは、あまり見た事無いような・・・。

隙をみてまたも、ダルレは、東屋を覗き込みます。今度こそは、中にいる人物をダルレは見ます。ダルレからすれば、中にいる男は王イ・ホンで無く、ハソンですね。

イ・ギュは、街中で物乞いをする子供に銭をあげると、刺されます。イ・ギュが倒れたところを、ちょうどチュ・ホゴルに助けられ、妓楼へ運ばれます・・・。チュ・ホゴルは医官を呼ぼうとしますが「騒ぎになる。騒ぎになると、黒幕を見つけられない」と、イ・ギュは、チャンセンを呼ぶように言います。

王妃のソウンは具合が良く無く、しばらく静養で、王宮を離れる事になります。だけど、これ、当然、大妃の仕業なのよね。王妃のソウンを診た御医ももちろん、大妃の手に落ちています。

王妃のソウンは、ハソンが恋しくなり、王宮に戻る事にします。その途中、重陽の節句で、街が賑わっていて、王妃のソウンは、見物する事にします。ちょうど、ダルレの事が気になって、王宮を出たハソンと、偶然、会います。

東屋の鍵が開いていて、抜け出した王イ・ソンと、ダルレも、街にいました。鍵は、ダルレが明けたのは、間違いないでしょうね。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ