ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

王になった男 第14話

2020/10/30  12:50 | 投稿者: いい加減人

ハソンの飲む物に、何やら薬を入れるキム尚宮。ハソンが寝入ると、シン・チスの言われた通り、キム尚宮は、そうっと、ハソンの衣を剥ぎ、ハソンの胸の傷を確認します。すると、さっと、ハソンに手を捕まえられるキム尚宮。こうして、キム尚宮は捕まります。

「どうすれば、助かりますか?」と、イ・ギュに聞く、キム尚宮。イ・ギュは「シン・チスの自白をとってこい」と、言います。

一連の事は、イ・ギュがハソンに「おそらく、王様が本物かどうか、確かめに来る奴がいるはずだ」と、言っていたのですね。だけど、キム尚宮が用意した、薬入りの飲み物は、ハソン、どうやってかわしたのかしら?飲んでたけど?

キム尚宮は、シン・チスの屋敷へ行き、自白を取りますが、シン・チスに「会わせたい人がいる」と、言われ、振り返ると、シン・イギョムが現れます。シン・チス側も、ハソン達の罠に感づいていたと言う事ですね。

シン・チスの屋敷から出てきたキム尚宮を追う、ムヨン。ところが、別人でした。

イ・ギュ達は、キム尚宮が、シン・チスの屋敷から消え、気にかかります。イ・ギュは、ハソンに「シン・チスがのさばるのは、財源があるからだ。金ヅルを断たせよう」と、言います。

こうして、ハソンは、朝廷で、大同法を、施行します。

とうとう、ハソンと王妃ソウンの仲を知ったイ・ギュ。イ・ギュはハソンに「例え本物の王になったとしても、王妃様を欺く事になる」と、思いを断ち切るように、忠告します。

ハソンとしても、イ・ギュが言ってる事は、重々承知していますが、難しいですね。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ