ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

世界で一番可愛い私の娘 第24話

2021/1/25  11:13 | 投稿者: Author

カン・ミソンの家のゴタゴタは、もう良いと思いながら、いつも見ていましたが、今回は、痛快です。陶芸の先生と一緒にいるところを、カン・ミソンに見られたミオクは、またも仕事中カン・ミソンを呼び出したらしく「なんでもないの。主人と、ジンスには言わないで。これで、弱みを握ったと思わないでよ」と、釘をさします。

そんな、ミオクも、バツが悪いのか、一応、ダビンの面倒をみたりしています。ミオクが買い物から帰ってくると、足を怪我した陶芸の先生が、え〜え〜、私もこの時点で、なんか、怪しいと思いましたよ。陶芸の先生は、治療代が欲しいからと、壺をミオクに売りつけようとします。

2人の様子を、カン・ミソン、ジンスが見ていました。さらには、様子を見に来たデチョルは、さすが、元記者です。陶芸の先生を一目見ただけで、ペテン師とわかりました。壺を見て、デチョルは「なんだ?この尿瓶は?」と、上から落とし、割ります。

デチョルを止めようとする、ミオク、ジンス夫妻。倒れている陶芸の先生に「これで、足が治ったようだな」と、デチョル。ブラボー

会長のジョンスは、チョン・インスクに「ワン・ウェイ会長のアドバイスを受けて、テジュとカン部長の結婚を認めようと思う」と、言います。反対するチョン・インスク。

ハン・テジュは、退職願を、カン・ミリに提出します。自分のせいかと気になるカン・ミリは、夜、ハン・テジュの家を訪れます。ハン・テジュは「誰にも縛られず、それぞれの場所で、羽ばたこう」と、2人の将来を考えて決断した事を話します。カン・ミリは、結婚できない事情として、生母に捨てられ、自信を持てず生きてきた、心の闇を話します。

空港へとカン・ミリを車で送るハン・テジュ。カン・ミリは「パク取締役に、あなたの退職願を出してきた。あなたの考えは理解できた。それから、昨日は、話を聞いてくれて、ありがとう。お陰でスッキリした。これは、母さんや、姉さん、妹には話していないの」と、打ち明けます。

ハン・テジュは「僕のほうこそ、ありがとう、話してくれて。これで、僕らの仲は深まった」と、話します。

小説を執筆するカン・ミヘは、カン・ミソンが婚約者のジンスを家に連れてきた時の事を思い出します。それでは、ミオクは、カン・ミソンに優しかったんですね。カン・ミヘの回想でも出てきちゃうパン・ジェボム


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ