ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

今日、妻やめます〜偽りの家族〜 第125話

2021/1/26  15:24 | 投稿者: Author

息子ウンジョに会えるかもしれないと、嬉しいチュノク。ヨンジュ、ソウォンとで、アメリカにいた期間が長いから、韓国語を忘れているかも知れない。英語で話せるように練習しよう。と、ウンジョと再会した時を想定をして、英語の練習をするチュノク。ウンジョに会えるかも知れないウキウキで、お客が来ていると、ミチェに言われても、そんな事どうでも良いチュノク。

お客としてやってきたのは、ケビン連れたシンモ、ルリ、テヤン。ルリから、事情を聞いたシンモが、チュノクに、ケビンを紹介した訳です。もちろん、シンモが頼むのは、お金の事。「貯め込んでも仕方ないじゃないですか?悪い女に、会社を取られそうなんです」と、言うシンモに「私のお金をどうしようと、私の勝手だろ」とチュノク。はい、その通りです。

シンモは、チュノクに、ケビンはウンジョと似た様な境遇なのだと、必死に説明します。チュノクは「確かに、息子だと思ってと言うのは一理有る。だけど、息子の罪滅ぼしのために必死に貯めたお金だ。それに、明日、その息子に会えるんです」と、言います。こうなると、一同、何も言えなくなり、帰る事に。

帰り際シンモは「明日までなんです」と、言うと、ヨンジュは「私からもママを説得してみます」と、言ってくれました。

シンモは、諦めずに、必死に自分のお金をかき集めようとします。心配するルリに、シンモは「こういう時のために、貯めておいたお金だ」と、言います。

ソン社長と一緒にモンゴルにいるヨンヘは「あの人とは、苦労も有ったけど、その分だけ幸せも有りました」と、言います。

部屋で、シンモに電話をするヨンヘは、手紙のお礼を言います。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ