ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

今日、妻やめます〜偽りの家族〜 第126話

2021/1/27  21:36 | 投稿者: Author

ケビンは、テヤン達にエリの悪事の内容を、エリに渡す用に言います。ケビンが殺されかけたので、納得いかないテヤン。その後、ルリは証拠の資料をテヤンに「これ預かっていい?」と、言います。

エリは、スザンナから「最高の弁護士をつけるから」と、警察へ行く様に言われます。スザンナ達が立ち去ると、警察に連絡を入れるエリ。

チュノク達がDNAを登録したところを、訪ねると、担当者から「兄妹のDNAだけだと、確信が持てないんです」と、言われます。「ヨンジュは実の妹なのに?」と、納得いかないチュノクに、ソウォンは「兄妹だとダメなんです」と、説明してくれます。担当者は、同じ名前が有ったのでと、資料を出してくれます。まさに、ウンジョの写真でした。

担当者が、連絡してくれるのですが、登録していた電話番号が、パク本部長だったので、やってきたのはパク本部長。パク本部長は、チュノク達に「長く仕えていた者です。ケビンは亡くなりました」と、伝えます。パク本部長達は、SC食品を狙っていたので、家族を探していたケビンが、家族と再会しては、都合が悪い訳です。

衝撃を受けたチュノク。お金を工面しているシンモに電話が来て、チュノクの自宅へ。シンモが持っている封筒に「それ何?」と、チュノク。「全財産です」と、ケビン。チュノクは「それを、預かります。息子は見つかりませんでした。SC食品に投資をします」と、言います。

こうして、耳をそろえて、小切手を現金を用意し、シンモと共に、ケビンの前にチュノクは現れます。テヤンも現れ、チュノクに感謝し、歩いていると、チュノクはパク本部長に気づきます。チュノクは、テヤンに「あなたのお父さんの、韓国名は?」「ウンジョ」と、答えるテヤン。テヤンに写真を見せるチュノク。テヤンはスマホのある写真と照合します。

ケビンが、あれほど探したウンジョだと、チュノクは確信し、シンモ、テヤンと共に、ケビンのオフィスへと戻ります。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ