ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

アニキに恋して 第40話 幸せをくれる王子様(下)

2021/3/1  19:58 | 投稿者: Author

ナナの病気の再発で、涙するシンティエン。事情を知らないチンヤンは、ナナが、また、シンティエンに暴言を吐いたと思って「謝れ」と、言います。シンティエンは、ナナと約束した以上、チンヤンに事情は言えないので、困り果てます。ナナ自身、もちろん、チンヤンには言えませんから、謝るしかありませんでした。誤解が解けるといいな。

検査を終えたらしいアハイが、ヤーヌオ、ズーハンと、ズーフォンの事務所に戻ってきます。ズーフォン達の母親も待っていました。アハイの頭部には、縫合の痕があるようなんですね。アハイは、海に落ちる前の記憶が無いけど、それ以降の記憶は、ちゃんとしていると、説明を受けたようです。

園を歩くズーフォンと、ヤーヌオ。雪が降ってきます。ズーフォンの演出らしいです。

その後、イルミネーションへと行く、2人。ズーフォンに「前に来た事無いか?」と、聞かれて「無い」と、誤魔化すヤーヌオ。ヤーヌオ・・・前は、ヤーチーとして、ズーフォンに会っていますからね。ズーフォンは「おかしいな。ヤーヌオは、こういうところでは、はしゃぐのに」と、言います。わざとらしい、感じで、はしゃいでみるヤーヌオ。

ツリーの前では、ヤーヌオは、以前、女性の格好でこれを見て、ズーフォンの事を思っていた事を思い出し、ズーフォンは、ヤーヌオに出会えて良かったと、思っています。

かぼちゃの馬車のオブジェの中で、ズーフォンは「愛してる」と、思いを、ヤーヌオに告げます。ヤーヌオは「知っての通り。僕は、男だ」と。ズーフォンは「男か、女かなんて、関係ない。ヤーヌオを好きなんだ」と、言います。「真剣なんだな」と、ヤーヌオ。ヤーヌオにキスするズーフォン。

ズーフォンは、ヤーヌオに気持ちを聞きます。ヤーヌオは、ズーフォンの胸にもたれます。


人気ブログランキング




0
タグ: 台湾ドラマ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ