ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

世界で一番可愛い私の娘 第50話

2021/3/3  10:21 | 投稿者: Author

パン・ジェボムの父親の病院に入院しているパク・ソンジャは、カン・ミヘを気に入ってくれていて、身の置き場がなかったようで、穴があったら入りたかったそうな。パク・ソンジャはそんな人です。付き添うカン・ミヘは、病院の看護師さんから「若奥様」と、呼ばれます

パン・ジェボムが屋上で待っていると、看護師さんから伝えられるカン・ミヘ。パン・ジェボムは、カン・ミヘにプロポーズをするも、はぐらかされます。パン・ジェボムの最大の難関は、肝心なカン・ミヘが自分に気が無い事ですね。お膳立てはできているのに・・・。普通は、親に反対されて、苦労するのに、逆なのは珍しいパターン。

カン・ミリは産婦人科へ行くと、案の定妊娠していました。今の状態だと、素直に喜べないカン・ミリ。

ハン・テジュは、会長のジョンスのこれまでのチョン・インスクの仕打ちを聞いて「父さんも人の親だろう?テホにそんな事ができるの?」と、大げんかをして出て行きます。ハン・テジュはイノに「もう、母さんの娘は探さないで。それと、この事は誰にも言わないで」と、口止めをします。

しかし、パラサイトのイノは、ドジンに「生活に困らないようにしてあげるから、代表の娘の居場所を教えてくれなか?」と、言われると「本当に知らないんだ。婚家に預けた事しか知らない」と、言ってしまいます。

ドジンは、ヘミに「チョン・インスクの娘の預け先は、婚家で、その家はソルロンタン店をやっている。カン・ミリの実家は、ソルロンタン店だ」と、教えます。これで、チョン・インスクの娘は、カン・ミリだと確信する2人。

ハン・テジュと喧嘩をして、具合が悪い会長のジョンスにヘミは「噂で聞いたんだけど、チョン・インスクの娘は、カン・ミリだって」と、吹き込みます。

チョン・インスクの行方を追うハン・テジュ。チョン・インスクは、カン・ミリのためでしょう。海に身投げしようとしていました。しかし、男3人に助けられます。男3人は誰が送り込んだ人?ハン・テジュが海に来た時には、チョン・インスクが助けられた後でした。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ