ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

カンテク〜運命の愛〜 第14話

2021/4/13  10:45 | 投稿者: いい加減人

大君イ・ジェファが、自分を揀択に送り込んだと知ったウンボ。

ウンボは、ペク・チャヨンに会うと、そもそも、ペク・チャヨンは親迎の事件の犯人を探す気等無かった事を知ります、そして、ペク・チャヨンび「二度と、私を利用しないで」と、ウンボは言います。

王イ・ファンは家臣達に、側室を迎える事を言うと反対され「決めた事だ」と、言います。

こうして、ウンボとソンイは、側室となり、ふたりには、淑儀の称号が与えられます。

ウンボに会いにきた王イ・ファンは、提灯の思い出話をします。それは、自分との事では、ないので「綺麗でした」と、適当に話を合わせるウンボ。ただ、王イ・ファンは提灯の火が消えていたので、違和感を覚えます。この辺りから、王イ・ファンは、ウンボを本当にウンギなのかと、感じるようになります。ウンボに綻びが出てきましたね。

大君イ・ジェファは、ペク・チャヨンに「ふぐの毒です」と、これを、ウンボに渡し、王を殺害する様に言います。

ペク・チャヨンは「母親に会わせてやる」と、ウンボを呼び出し、その毒を渡し、王殺害を命じます。ウンボが断ろうとしても「周りが死ぬ事になる」と、脅すペク・チャヨン。

顔を青ざめて宮中に戻る、ウンボ。

チョ・フンギョンは、ケピョンを、キム・マンチャンのところに送り込んで、山尺にしたんですね。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ