ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

瓔珞エイラク〜紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃〜 第57話

2021/4/19  19:16 | 投稿者: いい加減人

皇太后の愛娘・和安公主の法要・・・。

その前に、瓔珞は、順嬪に「あなたを助けるのよ」と、言います。

法要の最中、順嬪が祭壇の前に立つと、急に火が出てきて、燃え上がります。順嬪を「妖魔」と、罵った皇太后ですが、順嬪の顔を見ると、急に態度が変わります。

その後、皇太后に呼び出され、誕生日を聞かれる順嬪。公主と誕生日が同じで、順嬪を、公主の生まれ変わりだと皇太后は思う様になります。

法要に行く前に、皇太后が公主だと思う様に、瓔珞が順嬪の顔に針で、傷を付けたのです。それと、誕生日も教えます。乾隆帝に聞かれて、瓔珞から指南を受けたと、答える順嬪。乾隆帝もやっぱりと言う感じ。

順嬪を始末できず、瓔珞にご立腹の皇后。瓔珞は「順嬪を始末した後は、その先は私が皇后にやられる」と、言います。

その後、そんな事はあるはずないと、瓔珞と、順嬪に言う皇太后。流石に、危機の瓔珞でしたが、順嬪が、うまく話をします。それは、瓔珞も知らない、公主の逸話を、順嬪は、乾隆帝から聞かされていたのです。

瓔珞は、明玉と、海蘭察との結婚の支度をします。困惑する明玉に、海蘭察は明玉に「正式に言う。結婚してほしい」と、言います。嬉しい、明玉ですが、銀針で、体を蝕まれています。明玉は瓔珞に「結婚なんかしない。ずっと一緒にいる」と、言います。

事情がわからない瓔珞は「海蘭察は、誠実な人で、陛下にもこの結婚の話をして、許可を得たわ」と、言います。あら、仕事柄、海蘭察は、結婚の事を乾隆帝には言わなきゃいけないんだろうけど、やっぱり良い人ね。


人気ブログランキング




0
タグ: 中国ドラマ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ