ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

カンテク〜運命の愛〜 第20話

2021/4/21  11:33 | 投稿者: いい加減人

ここぞとばかりに、領議政キム・マンチャン達は、王妃の双子の妹のウンボを死罪にすべきと王イ・ギョンに訴えます。王イ・ギョンは「ホン淑儀は親迎の事件の犯人を捕まえるために揀択に参加し、私も王妃の双子の妹だと知っていた」と、話します。そこに、ワルが、クォン・イクスを宮殿に連れてやってきます。

クォン・イクスは、カン・イスに濡れ衣着せた女官を殺す様命じたのはキム家だと、悪事を暴露します。キム・マンチャンらは「そんな事はない」と、言いますが、王イ・ギョンは「やってない証拠はあるのか?」と、言います。キム・マンチャン達は屋敷に軟禁されます。

ワルにクォン・イクスをどうやって説得したのかを、王イ・ギョンは聞きます。ワルは「なかなか信用しなかったですが、クォン・イクスの家族の現状を見せて、王様こそが、支援している姿を見て、翻意しました」と、説明をします。

王イ・ギョンは、大妃にも温陽行宮へ行く様に命じます。納得いかない大妃に王イ・ギョンは「自白する機会を、与えました。それが、最後の孝行です」と、言います。「母親失格ということか」と、悔し涙を見せる大妃。

大君イ・ジェファらは、キム家が軟禁されていると聞き、手を組むことにします。

連絡を受けたソンイは、ウンボに送った女官を使い、宮殿を出るウンボを醤庫へ誘導する様に言います。

宮殿を出る前に、ウンボのもとへとやってきた王イ・ギュンは「今日は、王ではなくウンギの男としてきた」と、言います。

王イ・ギュンは、そもそも、ウンギが双子だと誰が一体噂を流したのか?と、考え、大君イ・ジェファが知っていたのなら、彼が何かしでかすのでは無いかと、気がつきます。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ