ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

悲しくて、愛 第24話

2021/5/12  21:06 | 投稿者: Author

カン・イヌク、チュ・ヘラから、顔を背けました。ただ、チュ・ヘラは、私なら、カン・イヌクを包み込む事ができると、独り言。

ソ・ジョンウォンを不幸にしてしまうと思い、遠くへ行く事にしたユン・マリ。

目が覚めたソ・ジョンウォンは、ユン・マリが自分のもとを去った事を知り、探しますが、電話が繋がりません。ユン・マリの元には、ソ・ジョンウォンからのメールが・・・。その後、ソ・ジョンウォンから電話が来ると、迷いはありながらも、電話に出るユン・マリ。真にソ・ジョンウォンを遠ざけたいのなら、電話に出るべきでは無いのでは?

ユン・マリの電話から、アナウンスが聞こえ、どこの駅かわかるソ・ジョンウォン。ユン・マリは案の定、列車に乗るのを躊躇します。で、列車に乗ろうとするユン・マリを、止めるたソ・ジョンウォンがユン・マリを抱きしめるます。そして、ソ・ジョンウォンは「家にくれば良い」と、ユン・マリは、ソ・ジョンウォンの家に行くと言う流れ。

カン・イヌクはカン・イルグクから「10日で、マリを連れ戻せ」と、プレッシャーをかけられます。カン・イヌクは、配下に、ソ・ジョンウォン夫妻を、徹底監視を指示。そんなカン・イヌクは、ウ・ハギョンに、ユン・マリを感じ、困惑しています。

チュ・ヘラに服を返すユン・マリ。チュ・ヘラは「今日は、私ひとりよ」と、言います。ユン・マリは、チュ・ヘラに「もう、館長の代わりはしないと言いましたよね」と、カフェを立ち去ります。この際、ユン・マリとすれ違ったハ・ソンホは「ハギョン?」と、つい声を出します。チュ・ヘラに、困惑気味に、ハ・ソンホは近づきます。

屋上にいるソ・ジョンウォンに「話は聞いた」と、ハ・ソンホ。ん?どこから、どこまで?全部?


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ