ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

悲しくて、愛 第42話

2021/6/9  20:10 | 投稿者: いい加減人

カン・イヌクから渡された離婚届を、ユン・マリに渡すソ・ジョンウォン。中身を確認したユン・マリは意外そうな顔をしていたけど、カン・イヌクが、まさかこれを用意するとは思っていなかったんでしょうね。

ユン・マリ母を、ソ・ジョンウォン母の元へ連れて行く日、ソ・ジョンウォンに、カン・イヌクから電話がかかってきます。ユン・マリと電話を替わる様にカン・イヌクからいわれたソ・ジョンウォンは、スピーカーフォンに。「裁判所には、ふたりで離婚届を出そう。僕の考えが変わる前に」と、カン・イヌク。

仕方なしに、行くことにしたユン・マリに、ソ・ジョンウォンは、GPS付きのスマホを渡します。ユン・マリは、母を、ソ・ジョンウォンに託します。

呼び出されたレストランへと行ったユン・マリ。「最後の食事だ」と、言うカン・イヌクに、ユン・マリは「治療をして」と、言います。カン・イヌクは「治療をするよ」と、言い、ユン・マリは「待ったけど、あなたは変わらず、疲れた」と、言います。正直、同じことの繰り返しが、ここへ来て、出てきています。

裁判所の前まで来たふたりですが、ユン・マリのスマホが鳴ったことで、気分を害したカン・イヌクは、スマホが入るユン・マリのカバンごと、後部座席へ放り投げ「遊園地へ行こう」と、車を別の方向へ。

河原の様なところで、ユン・マリに「僕を愛していた時があっただろう?」と、カン・イヌク。「一度もない」と、ユン・マリ。カン・イヌクは、ユン・マリの顔を愛したんじゃないと、証明するために、見えなくなる様、目を銃で撃ちます。意識が戻ったユン・マリは、血を流して倒れいてるカン・イヌクのスマホを使い、救急車を呼びます。

GPSで、ユン・マリの居場所に来たソ・ジョンウォンですが、ユン・マリの姿は無く、カン・イヌクの車だけ。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ