ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

もう一度 始めよう 第55話

2021/6/21  19:10 | 投稿者: いい加減人

ヨンジャにテソンは「また、父親が倒れても良いのか?今度は父親を死なせるのか?」と、腕を取ります。これを見たソンジェは、止め「いくら、上司でも、こう言う行動は良くないと思います」と、テソンに言います。

ソンジェがひとり座っているところにやってくるヨンジャ。ヨンジャに、事情を聞くソンジェですが、ヨンジャは「全ては私のせいだったの。親に反対されることはしたくないけど、やらないと」と、具体的なことは言いません。

ソンジェは、社長室へ。テソンは「謝罪が先か?私からの話が先か?」と、言います。ソンジェは「すみませんでした」と、言います。テソンは「謝ってはいるが不満そうだな。私はウナファーマーズの社長も兼ねているのだ」と、言います。

会長の家で、退院した会長と話すイェラ。そこに、ジスクがいるのが、イェラは不満そうな顔。会長に電話がかかってきて、席を外すと、イェラはジスクに「どんな手を使って会長に気に入られたんですか?」等と、聞きます・ジスクは「ジウクには、真心で接してあげて。あなたのお父さんに聞けばわかる」と、言います。

ボンイルのビルの売却のことを調べるカン・ジウクは、チュンソクから「ナ院長はビルを売ったのに、裕福な生活をしている訳では無い」と、聞かされます。

カン・ジウクに、調べまわるのは、やめるように言うテソン。カン・ジウクは「社長が知らないことも有ると思って」と、言います。テソンは「社長の私が全部知っている」と、言います。

テソンはボンイルに「カン常務とは会うな」と、電話をします、結局、テソンは、ボンイルの家にやってきます。実は、カン・ジウクもビルのことが気になり、ボンイルの家を訪れようとしてました。やってきたテソンに「カン常務とは会いません。これ以上は許さない」と、ボンイル。テソンは「死んだ妊婦の夫を探している、娘に会わせるんだな」と、言います。

ふたりの口論を聞いて驚くカン・ジウク。

テソンの悪事が、少しずつ表れ始めて、少しは面白くなってきました。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ