ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

如懿伝にょいでん〜紫禁城に散る宿命の王妃〜 第37話 譲れぬ親心

2021/6/23  18:27 | 投稿者: いい加減人

乾隆帝は、即位後、初めて東巡へ旅立つことになりました。

乾隆帝は、第七皇子を亡くし、体調がすぐれない皇后のことを思い、そのことを伏せていましたが、皇后の娘ケイ瑟(けいしつ)が、その話をします。すると、こうしちゃいられない、私も皇后として、同行せねばと、皇后。それまで、小さい声で話していたのに、急に大声出していたわ。

皇后は、このままじゃ、如懿に、ただでさえ後宮のことを仕切られているのに、伏せってなどいられないって。皇后の頭にあるのは、いつも如懿。皇后が今、体調が悪いのは、第七皇子を亡くした衝撃な訳だけど、如懿を追い落とすために、謀ばかりしているのも、体調不良の遠因なんじゃないの?

で、東巡。

モンゴルのホルチン部から、親王の妻に清(しん)の嫡出の公主を望まれ、乾隆帝としては、頭が痛い問題が出てきました。それに該当するのは、ケイ瑟(けいしつ)か、皇太后の次女恒テイ(こうてい)。皇后、皇太后、どちらも、自分の娘を遠い地へなど、行かせたくはありません。これで、皇后と皇太后の仁義なき戦い、綱引きが始まります。

皇后は、皇太后に面と向かって、いかせたくないことをはっきりと言います。一歩も譲れない皇太后も、如懿の名前まで出して、あの時点ではいろいろあったけど、本来は、如懿が皇后だったとまで、言い出します。如懿、それは、皇后にとって、頭痛の種。

乾隆帝が、如懿と話している時に、皇太后の侍女を通じて、李玉がふたりの喧嘩を止めて欲しいと、言います。一度は、向かおうとした乾隆帝ですが、ふたりの喧嘩に及び腰というか、行かないのが得策だろうと、考えます。そこで、如懿は、斉侍医を向かわせ、皇后の薬の時間だと言わせれば、中断できると、言います。如懿、上手い。


人気ブログランキング




0
タグ: 中国ドラマ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ