ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

いつでも君を待っている 第30話 残された人(下)

2021/7/23  18:42 | 投稿者: Author

幼いジュンロンは、ジンダーに「お父さん達は、僕に会いにこようとしたから、死んだの?」と、聞きます。ジンダーは「それは違うよ。大雨だったから、事故に遭ったんだ。誰のせいでも無い」と、言います。幼いジュンダーは、両親の死を、自分のせいでは無いかと、小さな胸を痛めていた訳ですね。「誰も死んで欲しく無い」と、ジュンロン。

学校に行く様にジンダーが言っても、行かないジュンロン。アジョン達が、遊びに誘っても、ジュンロンは行きません。すると、先生とアジョン達、クラスメートがよろず屋へやってきて「今日は、ジュンロンが先生だ。よろず屋のことを教えて」と、言います。

得意げになって、よろず屋のことを話すジュンロン。近所の人達も食事を作り、皆で食べます。こうして、ジュンロンは両親の死から、立ち直っていたんですね。

今度は、生前、ジュンロン父が送った、中秋節で食べる月餅がジンダーの元へと届けられました。中にはカードが入っていて“月餅はまだ、食べないで。中秋節で帰ったら、一緒に食べよう”と、書かれていました。ジュンロンは幼いながらにも、ジンダーの気持ちを察し「本当は、僕よりお祖父ちゃんの方が、悲しいんでしょう?」と、後ろから抱きつきます。

寄り添うふたり、このシーン、なんとも言えませんね。

ジュンロン父は、ジュンロンにギターを弾いてくれて、そばには、ジュンロン母でしょうね、一緒に居ます。唄っていたのは『大きな古時計』でしたね。英語でした。そして、現代、ジュンロンはギターを持っています。そこに、チャオジュンから電話がかかってきて、ジンダーは「俺の料理はまずいから、皆、君を恋しがっている」と、話します。

ベンツの車が一台、昔、ジンダーがインユエと住んでいた家に前の停まります。その車からお年を召したご婦人がひとり、降りてきます。おそらく、インユエでしょうね。


人気ブログランキング




0
タグ: 台湾ドラマ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ