ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

いつでも君を待っている 最終回 心残りがなくなる時

2021/7/28  20:38 | 投稿者: Author

よろず屋には、例のご高齢の女性が現れます。ジンダーがお水を用意している間、写真を見る女性。今の写真から、昔の写真に目を移す女性。その姿から、ジンダーは察しがついた様です。

若い時の姿で、よろず屋の前で、寄り添って座るジンダーとインユエ。この後ろ姿の場面、オープニングに出てきていますよね。余談ですが、ちょっと前から、アイスクリーム(かな?)のショーケースが、以前はMEIJIだったのに、変わっていますよね。

インユエを見送る時に、ジンダーが「インユエ」と、言ったので、やっぱりインユエだったかと、わかりました。車に乗ったインユエの脇にには、ご高齢の男性が乗っていましたが、おそらくご主人でしょう。インユエが「ありがとう」と、言うと、手を握っていました。インユエは、今まで、本当に、ジンダーとの間にできた子は、死産だったと思っていたのでしょうか?

ジュンロンが、よろず屋の前で、紙芝居をしていると、チャオジュンが姿を見せました。

よろず屋では、皆が集まり、食事。

よろず屋の電球を取り替えるジュンロン。考えてみれば、この明かりが、象徴的でしたよね。それと、いつでも待っていると言う気持ちが込められている様ですね。

幼いジュンロンが、ジンダーに「なんで、用九なの?」と、聞くシーンは、前にもあった様な。

もう、出てこないかと思ったけど、エンディングには出ていたので、もしや?と思いながら見ていましたが、エンペイが、よろず屋にいるジュンロンの前に姿を現しました。ジュンロンにエンペイは「大型モールの売り上げは良い。お前も10年後でもここでがんばれ」と、言います。

みんないい人たちだけど、エンペイほどいい人はいませんね。


人気ブログランキング




0
タグ: 台湾ドラマ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ