ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

独孤皇后QUEEN DUGU〜乱世に咲く花〜 第28話

2021/10/15  19:07 | 投稿者: Author

衛兵に、高賓達を、宇文護が捕らえさせ、処刑しようとすると「やめろ」と、声をあげた皇帝。病気の振りをしていたことを明かした皇帝は、衛兵から抜き取った剣を、宇文護と内通している侍従に、投げつけ殺します。

逃げる宇文護を、守る楊素。宇文護は、やって来た皇后を人質に取りますが、楊堅達が現れ、宇文護と、楊素は捕まります。

宇文護の公開処刑場に、姿を現す独孤伽羅。宇文護は「やはり、お前が暗躍していたか」と、手錠がつけられている身で、独孤伽羅に襲いかかります。処刑される宇文護の姿を、なんと、宇文会が見ていました。生きていたん会。確かに、亡くなった場面は無いので、気にはなっていましたが。

それと、宇文会が、独孤伽羅に復讐を誓い紙銭を、崖の上から投げていましたが、これ、エンデイングに出ていましたよね。エンディングを見ながら、こんな場面あったっけっかなぁ〜とか思いながら見ていたのですが、こう言う訳だったんですね。それと、瀕死の宇文会を、宇文護は助けていたので、生きているのは知っていたんですね。

宇文護、排除に動いた臣下に、褒美を与える皇帝。独孤家は名誉が回復し、独孤信、独孤善は、官位が与えられました。

皇帝の元を訪れた独孤伽羅は、楊素の救済を求めます。それは、宇文護がもう終わりなのがわかっているのに、それでも、宇文護を守るとしたその義理堅さに、独孤伽羅は注目したのです。それも、そうだと考えた皇帝は、自ら牢に足を運び、楊素を釈放します。楊素に「何か、聞きたいことは無いか?」と、皇帝。楊素は「やり方が汚い。正々堂々と戦わないと」と、言います。

こうして、復讐を遂げた独孤伽羅は、政治には関わらなくなります。


人気ブログランキング




0
タグ: 中国ドラマ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ