ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

漆黒の四重奏カルテット 第6話

2021/10/21  12:51 | 投稿者: Author

弁護士役:チョン・ミョンジュン 『真心が届く』『キム秘書はいったい、なぜ?』『ハンムラビ法廷』『今日、妻やめます』

ドユンの家『人形の家』とかで、出て来た家と同じよね?

ドユンが、LKグループの社長を就任する日の朝、ドッペが食事を取りに来ます。マルスンは、ドユンに「ミニの両親に気を遣っているのでしょう」と、話します。その朝食中、愛人の分際の、ファランが押しかけて来て、ドユンの就任式に、義母として、出席するのだと、言い張ります。嫌がるドユンと、マルスン。ドユンの拒否する態度にカッとなるドッペ。

ミニがファランに「私と話をしましょう」と、言います。静かに、ミニはファランに欠席を願いますが、話が通じる相手ではないので「今日は、私が主役なんです。私を邪魔する人は、許さない。私とドユンさんを怒らせたら、テユンさんは、どうなるか?」と、脅します。

ファランは、ドッペに「今日は遠慮するわ」と、言います。ドッペは「お前が出席したいと言うから、出席させようと思ったのに」と、言います。ってかさぁ、ファランもファランだけど、ドッペのこう言う曖昧な態度が、ファランを増長させるのでは?

無事、就任式を済ませた、ドユンとミニは、契約結婚の延長書類にサインします。余談ですが、ミニが着ていたワンピ。肌に見せる生地が、ババシャツみたいだったわ。韓国のフィギュアスケートの選手の衣装と同じ様な感じだったわね。

ブラックパールに、トンカツ弁当を配達しに行ったハジンは、イェジンから「お宅の食べ物で、うちの従業員は、体調を崩した」と、お金をもらえず、追い出されます。ハジンが持って来たトンカツを捨てようとしやイェジンですが、体調を気遣うハジンから手紙に気づき、読みます。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ