ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

花道だけ歩きましょう〜恋の花が咲きました〜 第119話

2022/1/21  20:36 | 投稿者: Author

ジョンスクの件で、ギュチョルは、チョンドンと公証役場へ行きます。ハナ飲料の会社近くで、ギュチョルはチョンドンにお礼を言って、その場を後にします。その様子を見たジフンに聞かれてたチョンドンは「ヨウォンさんのお父さんです」と、答えます。ジフンは、ジョンスクが、ヨウォン家族に苦痛を味あわせたのかと、やるせない思いになります。

ジフンは、仕事の面では、ヨウォンに冷たいですが、流石に、ジョンスクが、ヨウォン達を、詐欺に遭わせたと知ると、ショックなんですね。

ヨウォンは、書類を届けるついでに、ジフンがいない隙に、彼のオフィスで、輸入台帳をは無いかと、物色します。ところが、ジフンが帰ってきてしまい、ヨウォンは、慌てて、奥の倉庫に隠れます。ってか、ジフンのオフィスの奥に、あんなのがあるとは思わなかったわ。ヨウォンはチョンドンの手を借りて、なんとか、そこから出ます。

当然、チョンドンに事情を聞かれることになるわけで、ヨウォンは、ジフンのオフィスで、輸入台帳を見たと、イルナムが話していたことを、伝えます。で、あったとしても、あまりに危ないので、ヨウォン自身も自重することを、チョンドンに約束します。

ビョンレは、ヨウォンを社長室に呼び出し、土地を売ってくれないと、会社が被害を被るのだと、話します。それと、チョンドン達が育った施設への支援を打ち切ってもいいのか?と、まで、ビョンレは仄めかします。ヨウォンが出ていくと、ビョンレは「圧力をかけたから大丈夫だろう」と、独り言。自分都合の、会社経営者だから、うまくいかないんじゃないの?

ヨウォンが、チョンドンにその話をすると、チョンドンは「大丈夫です。施設には、ひとつからの支援だと危ういと話しているんです」と、言います。

ヨジュは、ギュチョルの引き出しから、公正証書を見つけます。ジョンスクの住所も書いてあるので、ヨジュは押しかけるかも知れません。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ