ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

漆黒の四重奏カルテット 第65話

2022/1/25  12:59 | 投稿者: いい加減人

ハジンは、ミエに、自分の子の体の特徴などを聞きますが「8年前で、はっきり覚えていない」と、言われます。しかし、ミエは「ジョンウに探すのを頼んだ」と、話します。

ハジンは、ジョンウのところに慌ててやってきて、子供を見つけたのか、どうかを聞きます。ポーカーフェイスができないジョンウで、ハジンは何かを察しますが、彼が話すことはありませんでした。

なんとか、手がかりを探そうと、チャン代表のオフィス前で待つハジン。ハジンを心配してやってきたセヨンに、ハジンは「ガオンが自分の子かもしれない」と、話します。何を話しているの?と、いう感じのセヨン。

家でも、ミエが、ガオンがハジンの子かも?と、話すので、セヨンは、ミエまでもが。おかしなことを言うと、思います。

ハジンは、私に流産させようとしたり、子供をさらうようチャン代表に指示するのは、ミニしかいないと思い、ミニのオフィスへ。ミニを待つ間、ハジンは、偶然、落ちていたパズルのパーツを見つけます。それは、偽の警官が、自宅に踏み込んだ時、持って行ったガオンのパズルだと、ハジンは、気づきます。

ミニがやってくると、ハジンは「全て奪ってやる」と、言います。韓国ドラマ、あるあるなんだけど、悪人の元に乗り込んで、文句言うんじゃなくて、証拠集めとかして、警察へ行けば?なんで、感情のまま、動くの?

ジョンウが罠にハマったと、悠々と、検察に自宅を捜査させるヨンスク。さらには、記者を自宅へ呼びよせ、ジョンウが、20年前に起きた親の事件を、憎んでいるんだとヨンスクは話します。うちで、引き取って、育てたのにと、ヨンスク。

ドユンは、ジョンウと話し、ハジンが誘拐で、警察に連行されたことを、ジョンウは知ってるはずなのに?と、違和感を覚えます。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ