ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

漆黒の四重奏カルテット 第66話

2022/1/26  19:24 | 投稿者: Author

ミニは、ナム室長から、ギヒョンを使わないように言われたことを、ペク総長に相談していました。って、ことは、やはり、そもそも、ナム室長も、ペク総長が送り込んだってことよね?その割には、ナム室長は、ドユンに、真面目に仕えている感じだけどね。ナム室長が、ペク総長に情報を送り込んでいる感じは、無いけどね。

ハジンは、偽警官に、ガオンの物を持っていかれ、何も残っておらず愕然としていると、ミエが「ジョンウのところには?ジョンウが最初にガオンを預かっていたでしょう?」と、言います。ハジンも、そうだと、思ったようで、ブラックパーツに駆けつけますが、イェジンに「捨てたわよ」と、言われてしまいます。

ゴミを漁ってまでも探すハジンを見かねたのか、ジョンウがガオンの歯ブラシと、ブラシを渡します。

ジョンウは、イェジンに「いくらガオンに情が有っても、普通は、鞄とか無いかと聞かないか?それが、ハジンさんは、歯ブラシと、ブラシなんて、おかしく無いか?」と、違和感を覚えたことを話します。ジョンウがこれに、どんな意味があるのか、気づいてくれたら、良いのですが・・・。

そして、ガオンと自分のDNA鑑定を出したハジンは、親子だと言う鑑定結果を受けます。呆然としながらも、ガオンを取り戻したいハジンは、ドユンの元を訪れ「今のあなただったら、人探しができるでしょう?ガオン、私とあなたの子供を見つけて」と、頼むでした。

検察で取り調べを受けて、出てきたヨンスクは、マスコミの前で「裏帳簿は偽物で、20年前にやられた人物の関係者に陥れられたんです」と、話します。それを聞いているジョンウに、どうだと言わんばかりの、ミニですが、ジョンウは余裕の表情でしたので、おそらく偽物といういうことも、わかっていたのでしょう。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ