ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

緑の馬車 第110話

2013/7/30  22:31 | 投稿者: Author

手術を受ける様にヒョンモに言うジウォンだけど、ヒョンモに「関わるな」と言われてしまいます。

ところが、ジウォンの元にドナーが見つかったと連絡が入り、クリスがヒョンモを病院に連れて行くと、ジウォンに言います。

チェヨンは自分が会長の座に座るために根回し。会長室に入って来たジョンハはチェヨンに「ヒョンモが死にそうなのに、こんな事やっていて良いのか?」と言います。チェヨンは「すべてをヒョンモに捧げたのに、私が貰ったのは離婚届の紙一枚だけ。株はジョンウォンに渡っているなんて。だからすべて手に入れる」と言います。そんなチェヨンに呆れたジョンハは「チェヨンなんかと居て、ヒョンモが気の毒だ」と言い放ちます。チェヨンは押し掛け女房になったのに、何一つ、ヒョンモの力になって無いじゃん。すべて、自分の思い通りにしようとヒョンモを操縦しただけ。挙げ句の果てには、モハと財産を乗っ取ろうなんて・・・。最初から、それ目当てだったならまだしも、なんで、ヒョンモと結婚したかったのかさっぱり解らないわ・・・。

ボラははんこが無いことに気がつき、チェヨンを問いつめると、あっさり自分が持っていると認めます。そして、ボラは、面会したユン会長に「チェヨンがはんこを持っていて、乗っ取ろうとしている」告げます。ちなみに、この時、ボラに「誰も、面会に来てないなんて」って、ユン会長は言われてるよ・・・

ヒョンモは病院へは行かずに、会長選が行われる会社へ向かいます。


人気ブログランキングへ



blogramで人気ブログを分析

0
タグ: 韓国ドラマ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ