ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

広開土太王 第54話 南方の王気

2015/1/30  21:06 | 投稿者: Author

ハムジに高句麗に立ちはだかる南方の王気、つまり百済のアシンだと言われたタムドクは、ハムジを処刑するように命じます。

ところがハムジは脱獄。ハムジは百済にいました。

町を視察した際、辰斯王は、偶然(?)ハムジに西の方角の人物が、障害となるだろうと言われ、それが、関弥城のアシンだと想います。

辰斯王の歓心をかったハムジ。辰斯王はハムジの想うまま動き、アシンを牽制します。ハムジは、辰斯王の軍師に収まります。

辰斯王から体よく関弥城城主を剥奪されたアシン。トヨンが「状況が急に変わったのには、王様の近くに誰かいる可能性が有ると想います」と進言します。アシンは早速、慰礼城を偵察する事にします。

タムドクは、サガリョンとソルチに使臣として百済へ行き、ハムジを捕まるように言います。

辰斯王は高句麗からハムジを捕まるために使臣が来たと知って、よりいっそうハムジは重要人物なのだと考え、とらわれないようにと、ハムジを山寺に身を隠すように言います。

しかし、ハムジは山寺には行かず、わざと捕まろうとします。すべては、タムドクの策略だった訳です。タムドクの策略は他に誰が知るのかしら?


人気ブログランキングへ



blogramで人気ブログを分析

0
タグ: 韓国ドラマ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ