ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

百済の王 クンチョゴワン近肖古王 第59話 立太子の行方

2015/10/30  20:36 | 投稿者: Author

クノジ役:カン・ハンビョル 『龜巌ホジュン伝説の心医』『馬医』『キング Two Hearts』『花より男子』

投降して来た貴族連合。ヨグはチン・スンに「そなたの思う貴族の国とはなんだ?」と聞きます。「ソソノ国祖母が引き連れて来た臣下と共に作る国です」と答えるチン・スン。ヨグは「違う。余は功臣には答えて来た。生まれが代々貴族だからでは無く、身分に関係なく、民の能力を発揮できる国だ」と言います。そして、ヨグは皆を赦免します。

チン・ジョン、チン・ゴド、チン・スンと話しをするヨグ。ヨグは「伯父たち、いとこを、処罰しなくてはならないのかと、胸を痛めた、何が有っても伯父たちを信頼している」と言います。ヨグの想いに気づかなかった事に、土下座する三人。広開土太王のタムドクが、コウンに何度裏切られても、見捨てないのと同じですね。

チン・スンは「王様のお心が解らなかった」と職を辞し、百済が貴族の国で無く民の国だと証明する旅に出、身分に関係なく、能力を認めてもらえる国だと言う事を、皆に伝える事にします。

ヘ・ゴンは、ヨファのお墓の前で「宮主、弟として来ました。あの世では私を見て下さい」と言って、短刀で自分を刺し亡くなりました。肖古王系、古尓王系との争いがなんだったのかと言うくらい、百済の王様は偉大になったと、ヘ・ゴンは、言っていたけど、ヘ・ゴンとしても、ヨグを認めざる得なくなったと言う事よね?

立太子では、ビランとしては当然、ヨグンなんだけど、元馬韓の長たちは、戦で功績があったヨグスを推します。そんな時、チングの父が危篤と知らせが入り、チングは帰国する事になる訳です。これを機に使節団を送る事をヨグは考えます。そして、アジカイは、それに、ヨグスを連れて行く事で、この争いを避けようとしてるのよね。


人気ブログランキングへ



blogramで人気ブログを分析

0
タグ: 韓国ドラマ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ