ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

太王四神記 最終回 二千年の時を超えて

2008/9/28  2:43 | 投稿者: Author

スジニを連れ戻しにきたタムドクにスジニは「王様は宮殿にいなきゃ」といいます。するとタムドクは「お前がいるところが宮殿だ」と・・・。どこかで聞いたような台詞。韓国ドラマにしては、珍しく最後の最後に思いが通じました。

火天会がコムル村をおそったとき、村に水をつかえる人がなくて、コムル村にいた人たちは皆殺されちゃったよ〜・・・。そして、大長老は玄武と白虎の神器をかっさらっていったよ〜。私、最初、玄武は分かったけど、白虎の神器が玄武の神器のすぐわきにあるの気づかなかったよ〜。

何か、内官ていわれていた人なんなんだろうね。今迄、タムドク側にいたけど、もとから、スパイだったのかな?首にマークはいっていたしね。それで、火天会大長老はタムドクとキハの子供、アジクの居所が分かっちゃったね。ちなみにアジクって“まだ”って意味なんだね。しかも、この内官、アジクを連れ去ってるし・・・。っていうか、アジクと一緒にいたあの女の人なんで、何にもいわないの?

そして、此の内官はアジクを連れ去るときに、手紙をおいていったんだよね。それを、タムドクが読むと「あの子は私のコだとかいてある。どういう意味だ」ってスジニにきくんだよね。スジニは「こうなることが怖くて、逃げていたんです。あの子は王様と、姉のコです」って仕方なくいうんだよね。これで、タムドクは子供のことはもちろんだけど、キハとスジニの関係も分かるわけだよね。

タムドクは以前は罠には引っかからず、後燕が来る迄まとうとしていたんだけど、事態が変わったので、阿弗蘭寺に向かうことにするのよね。

そして、タムドクの軍とホゲの率いる、後燕・火天会の連合軍と対峙することになるわけだよね。火天会って忍びっぽいのに、軍を作るほどいるのね・・・。タムドクは「私たちは、まけない。まけかたをしらないから」っていってましたね。スジニ、普通に矢を射てばいいのに、馬のセにエビぞりになってやをいってるよ・・・。危ないよ・・・。此の戦いで、フッケとかコ・ウチュン将軍とかなくなっちゃったよ・・・。そして、ホゲもタムドクにやられて・・・。

阿弗蘭寺では・・・キハが神器を並べています。何か、朱雀の神器がキハが身につけているときよりでかく見えるのは気のせいですか?そして、火天会大長老がアジクをつれてくるぅ〜。しかも、この人、子供にたいしても、粗末な扱いするのね・・・。そして、大長老が「チュシンの王のコは王の血をひく」と・・・。それで、キハはアジクが自分のコだって分かるんだよね。スジニもアジクを助けるために、大長老に立ち向かうんだけど、歯が立たず・・・。そして、火天会大長老はキハに乗り移るんだよね・・・。この人何でも出来るのね・・・。前にBSで最終回だけみたときここからが長いなぁ〜と思ってみていたんですけど、今回はさほどに感じませんでした・・・。それに、何か、ここで、キハ、胸、谷間見せ見せなんだよねぇ〜・・・。こっちもこのドラマにそう言うの期待してるわけじゃないんだから、そんなに、見せてくれなくていいって。そして、アジクの血が欲しい大長老と、自分の子供を傷つけさせるわけにはいかないので抵抗するキハとのやり取り・・・見応えがあります・・・。相変わらず、キハの目は怖いですが・・・。でも、やっぱり、大長老が勝っちゃって、血は神器へ・・・。キハは空中に浮き上がります。此のとき、タムドクがきて、大長老がタムドクにあの煙みたいなのだしてたかな?タムドクがスジニとアジクをかばおうとしたとき、シールドみたいなのがかかって、タムドクたちは助かるんだよね。それで、タムドクが天弓かな?だして、大長老に矢を放つと、大長老は一応死んだのかな?不死身の大長老はこれで死ぬのかな?それと、タムドクが天弓をおると、戦場にいるそれぞれの神器の守り主、ヒョンゴ、チュムチ、チョロも死んじゃったのかな?ちなみに、阿弗蘭寺は夜なのに、戦場が昼間なのが若干気になりますが・・・。タムドクの絆創膏もね。タムドクはキハに信じなかったことを謝り「人は失敗をする。そこから、学ぶのだ」と・・・。そして、タムドクは青い光の中へ・・・。

で、黒朱雀はだれなの〜?

ノーカット版をみて:

多分、最終回って、地上波で放送されてたときもカットはされてないんじゃ無いかなぁ〜?まぁ〜、コ将軍が地図は使ってタムドクに説明していた時にチュムチが「あいつ(スジニ)が帰ってきたって〜?」とか言ってたあたりがもしかしてなかったかも・・・。

私、タムドクが火天会大長老に天弓をの矢を放ったって書いてたけど、放っては無かったね。それを持った手を大長老の胸にあててただけだったね。

それと、スジニを迎えに行ったタムドクがスジニを足止めさせる為に、スジニが直していた手押し車を蹴って「これで、移動出来なくなる」って・・・。何回みても、この、強引さには笑えるわよね。

アジクが目が覚めた時の伸びの仕方がわざとらしい感じよね。

人気ブログランキングへ
ブログランキング ドラマ
blogram投票ボタン

0
タグ: 韓国ドラマ



2008/10/4  23:44

投稿者:いい加減な管理人より

プチ通りすがりさん、コメントありがとうございます。
なるほど、キハが黒朱雀になったから、寺院がくらくて戦場は昼間な
んですね。コムル村に火天会大長老がきたときに闇にしていたのは気
づきませんでした。
アジクの乳母は耳は聞こえるけど、はなせないって23話でいってた
んですね。完全版みたとき聞き逃さないようにしたいと思います。
タムドクが天弓をおったとき、四神が死んじゃったら、タルビはお腹
大きいのに確かにかわいそうですよね・・・。
負傷や撮影のおくれがなかったら、また違ったエンディングになって
いた可能性があるんですね。
個人的にはチョロはすきなので、チョロ目線スピンオフあったら、面
白うそうですね。
おばかな私にこれからもいろいろ教えてくださいね。

2008/10/4  22:38

投稿者:プチ通りすがり

最後の決戦のときに戦闘場が昼なのに寺内が夜っぽいのは
キハが黒朱雀になったからじゃ?
(きっと寺内だけ空間が違うとかかな)
その前のシーンでも
コムル村が朝or昼に火天会に襲撃された時に
大長老が戦闘する時もパワーで明るい空を闇に変えてたしね

アジクの乳母さんは耳は聞こえるけど
会話が出来ない設定のはずです
23話のアジクがお客さんに応対するシーンで
乳母は口がきけないって言ってたですよ

朱雀そのものは前世で2人(カジンとセオ)になっちゃったから
今世でもキハとスジニがダブル朱雀ってことで
そして心のチカラが暴走した方が黒朱雀になる設定に
なったのでしょう
17話まで撮影した後脚本練り直りで
韓国での放送開始を延期したくらいですから
細かい設定の整合性が微妙なのは韓国仕様ってことらしいです
たぶん17話撮ってた段階ではスジニ=黒朱雀、キハ=普通の朱雀
だったはずです
(19話のスジニもこの設定の名残で無意識に黒朱雀の火力使ってますし)

個人的にはですが
タムドクが天弓折ったときに四神は死んでないと
思いたいです
折ってすぐタムドクは死ななかったじゃないですか!?
なので、四神の神がかり的パワー&加護だけ消えたって
解釈したいな〜
あれで死んじゃったらチュムチの奥さんのタルビが
可哀想です( p_q)シクシク 

動画サイトで24話のカットされたシーンが公開されてますが
(何故そんなものがネットに存在してるのかも不思議なんですが)
それによると聖戦後のスジニとチョロのシーンとして撮影されたものらしく
(24話の撮影遅れや負傷がなければ)聖戦後に四神もタムドクも生きてたようですよ
この辺のグダグダは24話の最後の決戦〜その後のエピローグを新たに撮影して
チョロ目線からスピンオフ編集作れば解決すると思うんですけどね

2008/9/28  20:36

投稿者:いい加減な管理人より

通りすがりの太王四神記ファンさんコメントありがとうございます。
それと、おばかな私に小さな疑問にもお答えくださってありがとうございます。あの内官はカムドンさんていうんですね。16話で火天会に捕らえられていたのは、多分、私は忘れてしまったのでしょうね。それと23話でアジクの乳母が耳が聞こえないとはなしていたのは気づきませんでした。
今度BSで完全版が放映されるので、チェックしたいと思います。
仰る通り、一度では理解出来ないですし、他にも分からないところがあるので、確認したいなぁ〜と思っています。
また、いろいろ教えてくださいね。

2008/9/28  8:34

投稿者:通りすがりの太王四神記ファン

はじめまして。太王四神記にはまったもので、ついコメントさせていただきます。

このドラマ、1回で理解するのは難しいですよね。その分繰り返し見ても見ごたえがあり面白いです。

小さな疑問ですが、コムル村のカムドンさんは16話で火天会に捉えられています。その時に首に烙印を入れられたのだと思います。元々の人格を残したまま操られるなんて可愛そ過ぎます(T_T) 泣いていましたね。

アジクの乳母は23話で、注文をする後燕のコ・ウンにアジクが「乳母は耳が聞こえません」と言っています。しゃべることもできなかったんですね。

小さな疑問、1回では中々わかりませんね。大きな疑問も(笑) 話が深いので。
生声の字幕版がいいのですが、何回みても分かりにくいのが吹き替えだとよくわかります。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ