ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

大切に育てた娘 ハナ 第76話

2016/3/31  20:40 | 投稿者: いい加減人

社長応募に、ハナが現れラゴンは「待令熟手、社長は、男でないと出来ない」と言いますが、ハン・ユンチャンに「支援する市民団体によって、定款に例外が出来たんだ」と、説明されます。

チャン会長はラゴンに「実力で社長になれ。やっぱりチャン家の長男が実力が1番なんだと、見せつけるんだ」と、言います。全く、会社が落ちても、まだチャン会長はこんな事言ってるのね。そもそも、チャン会長のその考えが、相手に隙を与えて、こう言う事になってるのに・・・。

ラゴンはチャン会長に「プライドは無いの?これだったらSSの系列会社の方が良かった」と、言います。そもそも、社員にリスペクとされてないのに、社長になってどうすんの?って感じ。

ヒョソンの夢であるレストランをプレゼントしてくれたのが、ハン・ユンチャンと知って、ハナは、自分の腕時計の事など、ハン・ユンチャンに訳を聞きます。ハン・ユンチャンは「罪滅ぼしだ」と、言います。

「1年前、タイミングが悪くハナを陥れてしまった」と言うハン・ユンチャンに、ハナは「過去は水に流す」と、2人は一時的でなく、真のパートナーだと、握手をします。

ハナの家の前に居るドヒョンを見たハン・ユンチャンは「勝手だ」と言います。しかし「ハナを守るために、ラヒさんと結婚した。あなたこそ、ファンソ醤油を陥れておいて、勝手だ」とハン・ユンチャンは、ドヒョンに言われます。ハン・ユンチャンは「お前より前に、ハナに惹かれた」と、胸の内を打ち明けます。先か後かは関係なんだけどね。


人気ブログランキングへ



blogramで人気ブログを分析

0
タグ: 韓国ドラマ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ