ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

輝くロマンス 第32話

2017/1/23  20:29 | 投稿者: Author

店員役:ユ・オクチュ 『白夜姫』『私たち結婚できるかな?』『馬医』『猫がいる、ニャー!』『百年の花嫁』

病院で、ビンナに「いつから付き合っていたの?」と、問いつめられて、いつもの調子で「そんな事無いよ」等と、言うテシク。「ヨンドゥのためなんだ」と言う、テシクに、ビンナは「ヨンドゥのために離婚出来ない」と言います。「離婚は成立してるんだから」と、開き直るテシク。

スンオクは、カクテキをテシクの家に持って行こうと電話をすると、お手伝いさんに「結婚式で居ません」と言われます。それでも、置いて行こうとテシクの家にやって来るスンオク。お手伝いさんが「変ね。この家って息子さん2人だったかな?」と言います。スンオクが「いいえ、1人です」と答えます。

スンオクがテシクを婿だと話すので、お手伝いさんはテシクとエムマの結婚式の招待状を見せます。ここで、ようやく、事の顛末を知るスンオク。

ビンナがホテルの調理場で仕事をしていると、ユンナがやって来て「母さんが、テシク義兄さんが結婚する事を知っちゃった」と言います。慌てて走るビンナとユンナ。そして、スンオクが2人に招待状を見せます。この様子を、ハジュンが見ていました。

ギジュンにこき使われるユンナ。ユンナは心の中で、それで良いのよ、今は、私を虐めれば良いと、思っています。


人気ブログランキングへ



blogramで人気ブログを分析

0
タグ: 韓国ドラマ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ