ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

華政ファジョンThe Princess of Light 第62話

2017/3/30  20:34 | 投稿者: Author

都御史役:キム・ユンテ 『キング Two Hearts』『ワイルド乱暴なロマンス』『レディプレジデント 大物』

死を前に仁祖から「自分を憎んでいたんだ」と、言われた貞明公主は「いいえ、私が未熟でした。王座の重さを解っていませんでした。お許しください」と言います。「私は、許してくれと絶対に言いたく無かったのに、公主は許してくれと言うのか?」と、言います。そして、仁祖は亡くなります。

カン・ジュソンの策略で、新たに即位した鳳林大君、孝宗が北伐を計画していると、報告を受けた清は、皇帝の弟ドルゴンが、国境近くまで、兵を率いてやってきます。ドンゴルの要求は、孝宗が退く事、期限までに返答が無ければ、国境を超えると言う事でした。カン・ジュソンは操れる王を立てたいからよね。

この事態に、ジャジョムは貞明公主を呼び出し「元々は、私の計画でした。協力します」と言います。。信じられない貞明公主に「死に際であっても、勝者で居たいのです」と、言うジャジョム。面白い。

刺客が向けられたカン・イヌ。一体誰が?刺客を?と、考えるカン・イヌはこれまでの事から、ユン氏だと気がつきます。カン・イヌが気づいた事はこれだけでは有りませんでした。ユン氏の居場所が解れば、自ずとカン・ジュソンの居場所も解ると言う事です。

放たれた刺客を生け捕りにするカン・イヌですがが、自分も手負いに・・・。


人気ブログランキングへ



blogramで人気ブログを分析

0
タグ: 韓国ドラマ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ