2008/9/4

茗荷  絵手紙

クリックすると元のサイズで表示します

子供の時は食べられなかったけれど
大人になって食べられるようになったものがある。

たとえば、ネギ、芹、生姜、ニラ、よもぎ、山椒etc.....
そう「いい香り」といわれるものが苦手だった。

今は、ネギは薬味に欠かせないし
セリは春になったらお浸しで食べたくなるし
ニラも夫の好物のギョーザになくてはならない。

でもかなり最近まで苦手なものがあった
・・・・・・・・それは「茗荷」

だが、何の変化か最近これがおいしく感じられる。
今まで実家に行けば、うなるほど生えているのを見ても
見向きもしなかった茗荷だが
今は我が家の庭にできるのを楽しみにしている。

ところが皮肉なことに今年は思うほど生えてこない。
とうとう今日はスーパーで買ってきましたぞよ。
0



2008/9/5  20:01

投稿者:京子

majoさん、そうなんですか。
ピーマンとか嫌いな子供はよくいますね。
脳天気じゃなくて楽天的なんでしょ?

我が家の系統は、刺激的なものが好きで
胡椒、七味、わさび、ラー油などを取りそろえてあります。
キムチも好物だし、今夜のおかずは
イカのチリソースです。

2008/9/5  10:32

投稿者:majoおばさん

私は 子供の頃から 変な子で、香りの強い野菜山菜が好きでした。ミョウガもその一つ。薬味から 酢のもの、塩漬け みそ漬け。美味しいですね〜〜〜。
その所為でしょうか 物忘れが得意の脳天気な性格は・・・。

2008/9/4  20:12

投稿者:京子

シニアさん、15000HITおめでとうございま〜す!
さっきは読み逃げですみません。
茗荷を食べてコメントするのを忘れたわけではないんですけど・・・

2008/9/4  20:10

投稿者:京子

mayumiさん、忘れましょ、忘れましょ。
いやなことは全部忘れましょ。
あ、私は茗荷が嫌いだったことを忘れたのかしら??

2008/9/4  20:07

投稿者:京子

ジスさん、芹の漬物ですか?
香り高くておいしいでしょうねぇ〜〜
・・って、昔はその香りがいやだったんですから
私も変わったもんです。

2008/9/4  18:45

投稿者:シニア

茗荷は冷奴にも欠かせませんね・・・
天婦羅にしても美味しいですし♪

http://mongaikan.blog8.fc2.com/

2008/9/4  16:41

投稿者:mayumi

私も子供の頃は苦手でしたが今は大好きです。物忘れをするようになってから茗荷が好きになるって困ったなぁ〜これ以上ひどくなったらどうしましょう。

http://mayumi-etegami.blog.eonet.jp/siawase/

2008/9/4  16:02

投稿者:ジス

昔々、大昔
昭和33,4年のころ、高校生のころ
長野の同級生の家にお邪魔したとき
彼のおふくろさんがセリの漬物を出してくれました
なんか、すごく旨かったことを覚えてます

http://blog.goo.ne.jp/yito0905/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ