2008/9/13

せともの祭へ  絵手紙

クリックすると元のサイズで表示します

今年もせともの祭へ出かけてきました。
「また」というか「やっぱり」というか
猫を連れて帰りました。
上の絵は猫作家の「小室幸雄さん」のもの。
作家さんものは高いのですが、これは格安で
ご本人が「これは目がきりっとしている」とお勧めでした。

体全体が、顔彩でいえば花白緑のような色なので
そのうち全体に花を描き込もうと思っています。

今日の私の目的は来年の干支、丑です。
クリックすると元のサイズで表示します

これが今日買ってきたものです。
後ろの4個が干支の丑。
くつろいで寝ているのは箸置きの猫です。
一個300円を二つで500円にしてくれたうえ
右の小さな猫をおまけに貰いました。
これだけ買って2030円です。

普段行っても安いなと思うのですが
さらにお祭り値段になっているし
あちこちからいろんな作家さんが集まっていて
テントを見て歩くのはとっても楽しいです
0



2008/9/15  20:14

投稿者:京子

チャーミングさん、両端の牛は全長8pほどで
300円程度の定価がついているのですが
お祭り値段でさらに安いのですよ。
真ん中の牛は手をもっと上にあげて
招き猫のように描こうかなと思って買いました。

リンゴの木は「交流の木」と名付けました。
友情という肥やしをやると不思議なことに
同じ木に青林檎や姫林檎、いろいろなリンゴがなるんですよ。
リンゴが増えれば、枝をグングン伸ばします。

2008/9/14  23:26

投稿者:チャーミング

京子さん、こんばんは。
お鼻のピンクの牛さんが可愛いかな?
手前の猫もちょっと凛々しそうで、猫に花白緑の色珍しいですね。
おまけの猫もいいよね〜。

それにしても2030円はお買い得でしたね。

絵手紙ありがとうございます。
りんごはひとり何枚でもお出ししていいのでしょうか?
そうでしたらまた描きますね。

http://charmingsa.exblog.jp/

2008/9/14  21:14

投稿者:京子

TERAIさん、おめでとうございます。
よく覚えておいでですね。
几帳面さがうかがえます。

2008/9/14  15:55

投稿者:TERAI

京子さん、こんにちは。
いつも絵手紙教室ご苦労様です。
ちなみに昨日で2005年4月に蒔絵教室に通い始めてから、ちょうど100回となりました。途中11か月間の中断を余儀なくされ月曜夜から土曜昼にかわっていますが、100回もよく通ったものと自分でもビックリしています。

http://www.geocities.jp/botsuwan/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ