2008/9/21

ナンシー関・大ハンコ展  お出かけ

クリックすると元のサイズで表示します

名古屋パルコで「ナンシー関・大ハンコ展」を見て来ました。

5000個以上の作品をすべて展示して
アトリエも再現してありました。
小さなものは、鉛筆の上についてる消しゴムに彫った
鉄腕アトムから大はジャイアント馬場のものまで。
私が知っている一番大きな消しゴムは
はがき大のものですが、これはもっと大きかったです。
クリックすると元のサイズで表示します

大部分はコラム用の5p角位が占めていたように思います。
細い線も迷いなくスーーっと彫ってあるし
余白の部分が芸術的にきれいでした。
クリックすると元のサイズで表示します

似顔絵も上手でなければいけないし、
それをうまく彫らないと似ないわけだから
すごいというほかありません。
さらに文章を書くのもうまかったわけですから
すべてが天性のものだと思いました。

今、生きていたら彫りまくっているでしょうね。
(報告を待ってくださっていた方この程度でよろしいでしょうか(笑)

ずっと週刊文春を読み続けていますから
彼女が生きていたころはエッセイを
ハンコに添えられた短い言葉に
ニンマリしながら読んでいました。
でも、夫は同じ本を読みながら全く知らないんですって。
私がパルコにいる間、夫は右側にある
松坂屋で待っていてくれました。

ところで、パルコに私のようなおばさんが入るのは
ちょっと勇気がいりますね。
ギャラリーが8階だったので乗ったエレベーターに
3組のベビーカーを押した若夫婦が乗り合わせましたが
「え〜〜〜!!この人たちがパパとママぁ?!」
という、ナウいファッションなんです。
もちろんベビーカーに乗せられた赤ちゃんも。

それにつけても、街の雑踏の中を歩くのって
どうしてこんなに疲れるんでしょう・・・・・・・・
0



2008/9/25  20:20

投稿者:京子

シニアさん、そうですね。
ハンコに彫ることを考えて
最低の線で書かなければならないですしね。

もっと生きて彫ってほしかったですね。
オリンピックなんかいっぱいネタがありそう。
北島康介の「何もいえねぇ」とかね。

2008/9/25  18:49

投稿者:シニア

しかし ナンシー関さんは 凄いですね!

似顔絵だけでも 難しいのにね・・・

http://mongaikan.blog8.fc2.com/

2008/9/23  22:29

投稿者:京子

TERAIさん、なんでも鑑定団なんか見ていると
「箱書きが肝心」なんて言っていますね。
かっこいいなぁ〜〜

2008/9/23  21:55

投稿者:TERAI

京子さん、こんにちは。
朱文と白文というのですか。
私は小さいほうが朱文で、大きい方が白文です。作品の銘は蒔絵で入れるか漆で書きますので、もっぱら桐箱に押します。白文(大きい方)が多いです。朱文の方も絵手紙をやっていた頃はよく使いました。

http://www.geocities.jp/botsuwan/

2008/9/22  21:01

投稿者:京子

夢心さん、いい刺激を受けてきました。
ただ、細かい仕事をするのには
若くて目のいいうちがいいですね。

2008/9/22  20:40

投稿者:讃岐の夢心

これだけ彫るともう芸術ですね。
いいもの見てこられましたねー。
また彫るのが一層楽しくなりますねー。

2008/9/22  17:07

投稿者:京子

TERAIさん、それは朱文と白文の事でしょうか。
絵手紙に押すのは白文のほうが多いです。
ハンコもいろいろですね。

2008/9/22  16:21

投稿者:TERAI

京子さん、こんにちは。
病院もハンコだらけです。
カルテにはたくさんのハンコが押してあります。
しかしハンコで愛着のあるのは、やはり落款ですかね。
金沢市役所の近くの店で大小二つ作りましたが、名前の朱肉が抜けているものと、朱肉で埋まってしまうものと二種類持っています。

http://www.geocities.jp/botsuwan/

2008/9/22  14:12

投稿者:京子

あらぁ〜〜えみこさんも見たじゃないですか。
ふぅふぅさんからの情報だと言って。
私も見たいなぁ・・・って
お互いに無いものねだりかしらね?

2008/9/22  12:42

投稿者:えみこ

いいですね〜〜


芸術の秋してますね
何かいいもの見たいなぁ

http://sky.ap.teacup.com/kawa4469/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ