2009/1/13

年賀状の種明かし  絵手紙

クリックすると元のサイズで表示します

とうとう、こちらも雪が降って来ました。
パソコンの置いてある部屋があまりにも寒いので
ちゅうちょしていましたが
思い切ってUPしに来ましたよ。アハハ・・・

私の年賀状の作り方について
ちょくちょく質問を受けるので、今日は種明かしをします。

一番上はハガキに描いた原画です。
それをはんけしくんに写して彫りました。
私自身のものは「今年もよろしく」の文字も彫りましたが
夫はこちらにコメントを書き入れたいというので
その文字を削り取って印刷しました。

その下は牛の胴体と、追い羽根に色を入れるための部分です。
色の部分に光沢をつけたいので
エンボス加工の粉をふりました。
専用のヒーターもあるようですが
私はオーブントースターで温めて溶かしました。

楽しい作業でしたよ
0



2009/1/15  13:36

投稿者:京子

山ちゃん、こうした画材は
毎年バージョンアップされていますから
楽しんでくださいね。

2009/1/15  13:35

投稿者:京子

kanさん、昔から年賀状だけは
こうして手を加えるのが好きでした。
いただいたものも嬉しくて
何度も見てしまいますから
私も喜んで貰えるものを送りたいと思っています。

2009/1/15  13:33

投稿者:京子

keiさん、今年もよろしくお願いいたします。

そうなんですよ!!
くまなく力を加えないと写らないところが出てくるし
黒の部分だけでも印刷しようかと考えましたが
何とかやり終えました。
スタンプインクもだんだん薄くなってきて
今回で使いきったのかなと思います。

2009/1/14  20:35

投稿者:山ちゃん

なるほど、このようになっているんですね。
参考にさせていただきます。

2009/1/13  23:11

投稿者:Kan

頂いた賀状をもう一度ゆっくり拝見しました。
多色刷りにピカピカ光ったエンボス加工、トーストして完成!(^ー^* )♪  手が掛っていますねぇ。
改めて有難うございました。

2009/1/13  21:25

投稿者:kei

京子さん 今年もよろしくね♪
大判はインクを付けるのも捺すのも大変でしょうね〜
指が痛くなりませんでした?

エンボス加工、昔 プリントゴッコでも似たような粉があってアイロンの熱で溶かしてたのを思い出しました。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ