2009/3/11

ケアマネージャー  絵手紙

クリックすると元のサイズで表示します

Blogに我が家の内情を暴露するのもはばかられるし
ここは前向きに明るいことを探してUPしよう。
そういう気持でこのBlogは始めました。

でもここにいたって我が家の事情も変化したし
困ったこともここに書けば
来て下さる皆さんからいろんなアドバイスもいただけるかもしれない
そういう気持ちになったので
タイトルの副表示も削除してしまいました。

さて、3月2日に私の母を岡山の蒜山からこちらへ伴って来ました。
弟の病気によって、彼がキーパーソンの役割を果たせなくなったからです。
とはいっても脳梗塞の後遺症があって、我が家での同居は無理なので
こちらで施設を探すつもりですが
とりあえずは病院へ入ってもらいました。

さてその施設探しですが「まず専属のケアマネージャーを見つけるように」
という市からのアドバイスでした。
しかしながら、私のニーズに答えてくれるケアマネージャーを
どうやって探せばいいのでしょう?
どこにそのケアマネージャーはいるのでしょうか?

そういうわけで今日は朝からあちこちへ電話を掛けまくりました。
介護経験のある友達に意見を聞く。
一番近くの介護センターへ電話してみる。
そういうことを繰り返して
今母が入院している、その病院の相談員さんが
一番適しているのではないかという結果になりました。

ケアマネージャーにケースワーカー、要支援に要介護
初めての言葉が頭の中を飛び回っています。

絵手紙は、母の入院している部屋の方に配ったもの。
枕元に飾れるように額に入れて持参しました。
0



2009/3/17  21:02

投稿者:うとうと

京子さん こんばんは☆彡
アドバイス ありがとう♪
はい ちょっと無理して 送るようにしまぁす(*’ー’*)V

2009/3/17  20:39

投稿者:京子

うとうとさん、こんばんは☆
私の母は5年前に倒れましたが
施設にいる間は週に一度は絵手紙を送るように心がけていました。
もっと頻繁に描くのは、自分自身も無理だし
郵便屋さんからさらに施設の職員さんの手を煩わせるので
週に一度くらいが適当かなと思ったからです。
母からはほとんどコメントはありませんでしたが
見舞いに行ってくれる叔母が「あれは確実にお母さんの力になっているよ」と
よく報告をしてくれました。
絵手紙の不思議な力は、母だけではなく私も実際に体験していますから
あなたもがんばってお母様に送ってください。
描きだめしておいて日にちをおいて送るなど
無理のないように続けてくださいね。

2009/3/17  1:18

投稿者:うとうと

京子さん こんばんは☆彡
コメントの端々から
なんとなく かな〜 などと 思っていましたが

それぞれ いろいろ事情は違っても
オープンにしたことで 聞いてもらえたり 元気をもらえたり
ヒントになることもあるかもしれませんね。
勝手しますが 私も参考にさせて下さい。

たまたま見た『エチカの鏡』(フジTV日曜21時〜)
 実家に帰ることの出来ない娘さんが
 毎日 手紙を出していたら お母さんの体調がよくなった。
という内容でした。

他人から そういう話を聞いた のではなく
私がその番組を見た
そういうことが 実際にあるんだ ということ知った偶然に感謝して

なかなか 毎日は 描けないけど
実家に 絵手紙描き始めました。
ひさ〜〜〜〜しぶりに 母から絵手紙が来るようになりました。
書く 描くことは 脳にいいように聞きます。
描く気になるよう よいしょよいしょ あれこれ奮闘中です。

http://www.geocities.jp/utoutori/index.html

2009/3/13  15:31

投稿者:京子

チャーミングさん、同室の方は何の病気で入院されているかわからないので
食べるものはいけないし、花も水を換えてくれる人がいなくてはいけないし
絵手紙が一番無難だと思いました。

2009/3/12  23:40

投稿者:チャーミング

京子さん、こんばんは。
言葉は知っていても、自分がその立場になってみないとわからないことは多いです。
ひと口にケアマネージャーを探すといっても、知らない人にとっては、その人がどんな役割の人なのかもわかりませんものね。

まずは知っている人からの情報って大切なことだと思います。
一番近くにいい方がいらしたみたいで、良かったですね。

同室の方に絵手紙でご挨拶という心遣いが嬉しいですね。

http://charmingsa.exblog.jp/

2009/3/12  19:48

投稿者:京子

Kanさん、ありがとうございます。
過分なお褒めの言葉を戴いてしまいました。

専属のケアマネージャーを決めるようにと言われて
どこからどうやってどんな人を選べばいいのかと思ったとき
正直にここで打ち明けて、皆さんのアドバイスを仰ごうと思いました。
病院の相談員さんというのはいいシステムだと
このたび感謝しています。

>順々に続く人の生きて行く道
本当ですね。順番にお世話になったりしてもらったりです。

2009/3/12  19:33

投稿者:京子

TERAIさん、ありがとうございます。
あなたも大変じな事情を抱えておいでなのですね。
家業と本業ですか・・・?
今の時代仕事があることはありがたいことなんですけど
自分の処理能力を超えてまでやれませんしね。

2009/3/12  19:31

投稿者:京子

のんこさん、ありがとう!
お世話ってなかなかできませんよね。
車いすへの移動とか、私もほとんど見てるだけで
こうしてくださいと言われれば手を出すだけです。
なまじ手伝うのも、専門的な人から見れば
邪魔になるだけに思えますものね。
素人にできるのは心からのありがとうかも・・・

2009/3/12  19:27

投稿者:京子

素顔さん、ありがとう!
頑張ってるよ!!
あなたもね!

2009/3/12  11:40

投稿者:Kan

我が母の晩年を思い出します。
独身の兄が母を見ていましたが、母の持病の糖尿病に加えて痴呆も出て面倒を見切れなくなり、晩年3年ほどを母の住み慣れた関東から引き取り拙宅に同居して家族と面倒を見ました。未だ娘たちも学生だった頃です。
自分は未だ現役でしたから、夜帰宅して玄関に出迎えてくれる家内の目の色で、その日母が如何いう一日だったのかを判じたのを思い出します。
今顧て家族でそういう時間を持てた事が好かったと振り返ることがしばしばです。
これって順々に続く人の生きて行く道・・・人生だと思います。
困ったこと、つらいことがあってもその中に埋没して仕舞わないあなたを私もえらい方だと思います。頑張ってくださいね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ